1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 電気機器業
  5.  > オムロン(1)

オムロンのニュース一覧

労働環境の改善は今や、個々の企業だけでなく、国の衰退にも関わる大きな問題なのだ

2016年9月、内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置されたことから、大きな注目を集めることになった「働き方改革」。 06/24 20:52

新研究会社「オムロン サイニックエックス」設立を発表した、左からオムロン 執行役員専務・CTO 兼 技術・知財 本部長兼イノベーション推進本部長の宮田喜一郎氏、オムロン サイニック エックス 代表取締役社長 兼所長の諏訪正樹氏、オムロン サイニック エックス 技術顧問の栗原聡氏

オムロンは、“近未来をデザイン”するための新しい研究会社「オムロン サイニックエックス」を設立した。 04/30 15:43

オムロンヘルスケアのクラウドサービス「ウェルネスリンク」が2018年3月18日で終了する。 03/07 23:05

オムロンとシスコは11月29日、IoTによるインテリジェント化が進む製造現場でのセキュリティ技術で提携。 12/01 13:20

「モーター状態監視機器」(写真:オムロン発表資料より)

オムロンは20日、製造現場の稼働状況を人にかわって監視する「状態監視機器」4シリーズを11月29日より順次発売すると発表した。 11/23 06:53

卓球ロボット「フォルフェウス」(写真:オムロン発表資料より)

幕張メッセで開催中のCEATEC JAPAN 2017にて、オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」と、リオデジャネイロ五輪の卓球での銅メダリスト・水谷隼選手がラリー対決を行った。 10/04 16:22

あなたのオフィスで働く女性は実は不調を訴えているかもしれない。 09/14 07:24

オムロンヘルスケアが発表した、30~74歳の男女1万人を対象とした「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」の調査結果によれば、「高血圧リスクにつながる生活習慣」について、男性30~50代、女性30代の約4割が、10個中3個以上当てはまると回答した。

高血圧は過労死とも深く関連しており、自覚症状もほとんど出ないことから日ごろからの血圧測定とコントロールが重要となる。 06/15 11:56

オムロン社のモバイルロボット「LDシリーズ」(写真:日本航空社発表資料より)

JALは19日、ロボットを活用した手荷物搬送支援の実証実験を実施していると発表した。 04/20 08:09

厚生労働省によると、2015年の1年間に心疾患(高血圧性を除く)よる死亡数は19万6113人で、死因別死亡数全体の15.2%。死因のなかでは1位の癌に次いで2位となった。また、アメリカ疾病予防管理センターによると、15年の心疾患による死亡数は全米で63万3842人となり、死因別死亡数全体の23.4%。

厚生労働省によると、2015年の1年間に心疾患(高血圧性を除く)よる死亡数は19万6113人で、死因別死亡数全体の15.2%。 04/05 07:45

「笑い」は人間にとって日常的な動作にも関わらず、その定義が曖昧なため国内外でさほど研究が進んでいないという。 02/19 17:17

オムロンが発表した車載向け「非接触脈拍センサー」のプロトタイプ。2016年10月4日に幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN 2016」に展示した。大きさはタバコの箱の半分ほど

オムロン・オートモーティブエレクトロニクスは、「非接触脈拍センサー」のプロトタイプを、2016年10月4日に幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN 2016」に展示した。 10/05 11:37

7月28日、オムロンが2016年4~6月期(第1四半期)決算を発表した。 07/31 14:48

「ドライバー運転集中度センシング技術」の概要(オムロンの発表資料より)

オムロンは6日、独自の画像センシング技術に最先端のAI(時系列ディープラーニング)技術を組み合わせ、運転手の多種多様な行動や状態を感知し、安全運転に適した状態かを判定する「ドライバー運転集中度センシング技術」を搭載した世界初の車載センサーを開発したと発表した。 06/06 18:40

 1 2  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告