1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 研究・開発
  5.  > 産業技術総合研究所(産総研)(1)

産業技術総合研究所(産総研)のニュース一覧

赤外線画像から天然色の画像へと変換する技術(写真:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は6日、赤外線画像をカラー化するAIを開発したと発表した。 02/11 17:39

 ジルコン結晶(左、ロチェスター大学John Tarduno教授提供)と、SQUID磁気顕微鏡(右)の写真(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は21日、42億年以上前に、既に地球に磁場が存在していたことを示唆する証拠を見出したと発表した。 01/23 14:56

経済産業省が、IT関連ハードウェアにスパイ行為のための機能を仕込むような行為を排除するための体制を強化するという。 12/28 10:57

産業技術総合研究所(産総研)が、転倒防止機能を持つロボット歩行車を開発したそうだ。 12/18 08:45

産業技術総合研究所(産総研)、理化学研究所(理研)、情報通信研究機構(NICT)は16日、共同で人工知能研究開発ネットワークを設立したと発表した。 12/18 08:30

従来の外部加熱方法(A)およびマグネトロン式のマイクロ波加熱(B)と、今回使用された半導体式のマイクロ波を用いたバイオマスの加熱方法(C)の比較。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学と産業技術総合研究所(産総研)は25日、半導体式マイクロ波発振器等を使い、マイクロ波によるバイオマスの超急速熱分解に成功したと発表した。 11/28 11:24

島根県宍道湖の年間漁獲量の推移。縦の点線で示した1993年にネオニコチノイド系殺虫剤が初めて使用された。(画像:東京大学発表資料より)

ウナギがいま絶滅の危機に瀕している、という話は耳にするようになって久しい。 11/06 07:43

昆虫腸内における細菌間競合の模式図(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

「腸内共生」は人間を含めほとんどの動物にみられる現象であり、食物の分解や免疫系の恒常性維持などで重要な役割を果たしている。 10/24 08:48

今回開発されたプロセスと従来のプロセスで合成したSm2Fe17N3微粉末の粒子径と室温保磁力の関係(左)、開発された磁石粉末の外観写真(右)。(画像:産業技術総合研究所発表資料より)

高い耐熱力と磁性を両立する磁石粉末の合成法が開発された。 10/22 20:56

マイクロ波水熱合成プロセスの特徴(左)と、VO2ナノ粒子の走査型電子顕微鏡写真とVO2ナノ粒子を用いたサーモクロミックフィルムの外観(右)(画像:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は15日、マイクロ波加熱を使い、二酸化バナジウムの機能性ナノ粒子を高速で合成する方法の開発に成功したと発表した。 10/16 17:54

脳領域が損傷を受けたのちに新たに神経路が形成される仕組み(写真:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は7日、理化学研究所(理研)と共同で脳損傷後に形成される神経路を新たに発見したと発表した。 10/09 17:10

産業技術総合研究所(産総研)および国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の研究グループが、「液体エレクトレット材料」を開発したと発表した。 10/03 18:33

実証実験のシステムのイメージ。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構発表資料より)

日本は地熱資源の豊富な国である。 09/22 20:22

トリウム229のアイソマー状態の生成ルートについて。(画像: 岡山大学の発表資料より)

超精密な原子核時計の実現や宇宙膨張の謎の解明など、基礎物理研究の鍵の一つとなっているのがトリウム229という原子である。 09/13 12:30

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
  • 「Audi City紀尾井町」の店内の様子。(画像: アウディ ジャパンの発表資料より)
  • 愛犬専用トイレ(画像: 関西エアポートの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した連星系「HD101584」周辺のガスの広がり (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Olofsson et al. Acknowledgement: Robert Cumming
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告