1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 研究・開発
  5.  > 産業技術総合研究所(産総研)(1)

産業技術総合研究所(産総研)のニュース一覧

サウジアラムコ社、産総研、マツダは協働で、「低CO2燃料の開発および当該燃料を使用する内燃機関の研究」を推し進める。表はWell-to-WheelとTank-to-Wheelの概念図

マツダは、サウジアラムコ社(Saudi Aramco)および日本の国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と、内燃機関の効率化とCO2排出量低減の有効性検証に関する共同研究を開始すると発表した。 08/09 11:28

サマータイム導入の是非が議論されている中、産業技術総合研究所(産総研)が2011年に公開した「夏季における計画停電の影響と空調(エアコン)節電対策の効果(速報)」(過去記事)が再び注目されている。 08/09 11:24

今回作製したヒトインターフェロンβノックインニワトリ(写真:AIST発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は9日、農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)らと共同で、卵白に有用組換えタンパク質を大量に含む卵を産む遺伝子改変ニワトリを作製する技術を開発したと発表した。 07/11 12:00

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は28日、次世代人工知能(AI)技術の社会実装を目指す研究開発5テーマを採択したと発表した。 06/29 20:51

6月25日、世界スーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」およびエネルギー効率の高いスーパーコンピュータランキング「GREEN500」の2018年6月版が発表された。 06/27 23:23

アブラゼミ(左)オオセミタケ(右)セミタケ(下)。(画像:産業技術総合研究所発表資料より)

冬虫夏草はセミに寄生し、セミを栄養源にしてしまうキノコである。 06/19 11:28

Pb0.76La0.04Bi0.20VO3の低温相、高温相の結晶構造。(画像:東京工業大学発表資料より)

過去最高の収縮率を示す負熱膨張材料が発見された。 06/17 18:52

試作した高速鉄道車両部分構体の外観写真。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構発表資料より)

難燃性マグネシウム合金を使った高速鉄道車両の部分構体の試作が成功した。 06/14 11:08

次世代パワー半導体市場の動きが活性化する中、半導体のロームは6月5日、GaNパワーデバイスの世界的なリーディングカンパニーであるGaNシステムズ社との協業を発表した

昨今の半導体市場では、SiC(シリコンカーバイド)やGaN(ガリウムナイトライド)を使った、いわゆる「次世代パワー半導体」に大きな注目が集まっている。 06/10 23:07

今回開発された技術の概要説明図。(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所らは29日、脳波から運動の意図を読みとる新技術を考案したと発表。 05/30 11:42

アンモニア合成実証試験装置外観(写真:産総研の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)再生可能エネルギー研究センターの水素キャリアチームは28日、再生可能エネルギーの特徴に対応した新規アンモニア合成触媒を開発したと発表した。 05/28 11:53

産業技術総合研究所は21日、メタボリックシンドロームや糖尿病を改善させる可能性がある物質をミドリムシから製造したと発表。 05/23 18:08

カチオン化したパラミロン誘導体によるメタボリックシンドローム改善効果の可能性について。(画像: 産業技術総合研究所の発表資料より)

生活習慣病とされるメタボリックシンドローム患者が増えているが、そんなメタボな人に朗報が伝えられた。 05/22 07:23

高圧直噴火花点火水素エンジンシステムの構成と研究・開発の分担(写真:産総研の発表資料より)

産総研、岡山大、東京都市大、早大は18日、試験用小型エンジンを用いた基礎実験で、水素燃料の優れた燃焼特性を活用した新しい燃焼方式を確立し、世界初となる高熱効率・低窒素酸化物(NOx)を実現できる火花点火水素エンジンの開発に成功したと発表した。 05/21 11:52

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告