1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 九州大学(4)

九州大学のニュース(ページ 4)一覧

体内時計のイメージ。

体内時計の乱れは時差ぼけなどをもたらすことで知られる。 11/01 11:32

ヒロツバイオの線虫がん検査法「N-NOSE」(写真:ヒロツバイオの発表資料より)

信金キャピタルとヒロセバイオは26日、線虫嗅覚を利用したがん検査の2020 年 1 月の実用化や世界展開のために、資金獲得したと発表した。 10/30 06:49

九州大学が、「燃料電池と太陽電池を融合する同一触媒」の開発に成功したことを発表している(大学ジャーナル、ITmedia、ChemCatChem誌掲載論文)。 10/24 16:25

九州大学大学院と芸術工学研究院、理化学研究所のグループは13日、時間の知覚、判断に対応する脳の働きを明らかにしたと発表。 09/14 07:08

高圧脱水固化処理装置の全景。(写真:九州大学発表資料より)

九州大学などの共同研究グループは、多くの水分を含んだ浚渫(しゅんせつ)土砂をブロック化することのできる高圧脱水固化処理装置を開発した。 08/27 21:23

画像はイメージです。

生理学研究所、九州大学、群馬大学、東京大学、京都大学による共同研究グループは、抗がん剤投与によって発現する心筋細胞膜のTRPC3チャネルが活性酸素を発生させ、心筋細胞の委縮を招くメカニズムを発見、さらに、TRPC3チャネルを阻害する化合物が抗がん剤誘発性心不全を軽減することを明らかにした。 08/08 12:27

プラズマバブルの正体を探るために用いられた人工衛星「GOCE(ゴーチェ)」。(画像:九州大学発表資料より)

九州大学などの国際研究グループは、GPS、全地球測位システム通信を阻害する「プラズマバブル」と呼ばれる現象が、中規模の重力波を発生源として生じるものである可能性が非常に高いということを、人工衛星を利用した観測によって明らかにした。 07/16 07:27

膵臓がんは、現在、最も治療の困難ながんの一つと言われており、その5年生存率はわずか5%程度と非常に低いのが現状である。 06/17 10:31

有機ELは、有機分子が電流によってエネルギーの高い励起状態になり、それがエネルギーの低い基底状態に戻る際に発光する現象を利用している。 05/22 07:46

がんは我が国の死因の第一位であり、三人に一人ががんで亡くなる時代となっている。 05/13 11:35

九州大学発のベンチャーHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ)は、同社開発の線虫がん検査法「N-NOSE」(エヌ・ノーズ)の実用化に向けて、日立製作所<6501>と共同研究を進める方針を明らかにした。日本におけるがんの疾病費用は、間接費用を含めると約10兆円と大きな社会的負担となっている。

九州大学発のベンチャーHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ)は、同社開発の線虫がん検査法「N-NOSE」(エヌ・ノーズ)の実用化に向けて、日立製作所と共同研究を進める方針を明らかにした。 05/09 08:33

岩石試料(左上)と、その電子顕微鏡反射像。中央の明るい部分が今回発見された新鉱物であるが、無色透明であるため肉眼で見分けるのは難しい。(画像:九州大学発表資料より)

九州大学の研究グループは、広大なロウ石鉱床を持つことで知られる山口県阿武郡阿武町の鉱物学的調査を行っていた際、未知の鉱物を発見した。 04/27 08:31

前へ戻る   1 2 3 4

広告

広告