ホーム > ニュース一覧 > IT・サイエンス > 研究・開発 > 高エネルギー加速器研究機構(1)

高エネルギー加速器研究機構のニュース

高エネルギー加速器研究機構、不要になった研究機器を販売

朝日新聞の記事によると、高エネルギー加速器研究機構が、不用になった研究機器を売り出したそうだ。
09/16 11:32

アルミと鉄で水素蓄えられる水素吸蔵合金が生成可能 レアメタル不要 東北大など

量子科学技術研究開発機構(QST)や東北大学、高エネルギー加速器研究機構(KEK)、J-PARCセンターの研究グループは7月29日、多くの水素を蓄えられる水素吸蔵合金の製造がアルミニウムと鉄でも可能であると発表した。
08/07 17:29

鉱物から隕石衝突の規模を明らかに 実験で再現に成功 KEKなど

隕石衝突によってクレーターが形成されることは今やだれもが知っている事実である。
09/08 20:03

リチウムイオン電池から析出の金属リチウムを非破壊で検出 KEKらが方法開発

リチウムイオン電池は今や生活に欠かせないものの一つであるが、発火や爆発などの事故が多発していることから、安全性の向上が求められている。
06/18 17:19

低温動作可能な固体酸化物燃料電池用の電解質膜を開発 東京理科大など

燃料電池の中でも固体酸化物燃料電池(SOFC)は、高効率でクリーンであることから注目されてきたが、固体酸化物のイオン導電性が低く、高温でないと動作しにくいという課題があった。
04/05 08:20

最大級の重力波望遠鏡KAGRAが完成 欧米2基と研究協定を締結

国立天文台は4日、岐阜県飛騨市に大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)が完成し、米国のLIGO(ライゴ)、欧州のVirgo(バーゴ)の2基の重力波望遠鏡と研究協定を締結したと発表した。
10/06 10:00

室温で高電導性を得る物質、記憶装置への応用可能か 横浜市立大などの研究

室温において磁場により電気の流れやすさが100倍以上も変化する物質が発見された。
09/19 08:12

宇宙のインフレーションの証明目指す「GroundBIRD」望遠鏡を公開 高エネ研

高エネルギー加速器研究機構は26日、宇宙背景マイクロ波背景放射(CMB)の偏光観測を行なえる新型望遠鏡「GroundBIRD(グランドバード)」を茨城県つくば市で公開した。
11/28 21:04