1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 船舶・航空業
  5.  > 日立造船(1)

日立造船のニュース一覧

TDKが開発した全固体電池「CeraCharge」。(画像: TDKの発表資料より)

エネルギー密度を劇的に上げることができ、充電時間をガソリン給油時間に匹敵するほど短縮できると期待される「全固体電池」が量産開始直前となっている。 06/27 07:18

施設外観。(画像:日本水産発表資料より)

日本水産(ニッスイ)とその子会社である弓カ浜水産、日立造船は、国内で初となる大規模なマサバ循環式陸上養殖の共同開発に着手したと発表した。 04/05 12:08

全世界で純EV車の開発が進んでいる。 10/09 20:15

4日に近畿地方を縦断した台風21号による影響が各社から続々と発表されている。 09/06 21:03

水素製造の仕組みと固体高分子型電解槽(図:日立造船の発表資料より)

日立造船は13日、メガワット級の発電施設において余剰電力の貯蔵を可能にする、国内最大となる毎時200ノルマルリューベの水素を製造できる大型固体高分子型水素発生装置を開発したと発表した。 06/14 17:07

日立造船が開発した業務・産業用固体酸化物形燃料電池(写真: 日立造船の発表資料より)

日立造船は固形リチウムイオン電池を開発し、2020年までに販売を開始するようだ。 08/15 07:07

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告