1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 日立製作所(6)

日立製作所のニュース(ページ 6)一覧

ドローンつり下げ型電磁探査システムによる航行計測の様子(左図)とセンサー部(右図)(産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所は5日、複数社と共同で、土砂災害時にドローンを使用し、空中から埋没車両を探査するシステムを開発したと発表。 06/07 07:17

広州周大福金融中心の外観(写真:日立製作所社発表資料より)

日立製作所は2日、中国広州市の超高層複合ビル「広州周大福金融中心」向けに納入する超高速エレベーターの速度試験で、分速1,260メートルを計測したと発表した。 06/03 20:17

ルネサス エレクトロニクスの約70%を保有の産業革新機構が売出にて同社株式の約2割を売却すると発表。機構が、最終的にルネサスの全株式の売却を行い税金の毀損を行うことなく回収を果たすことができるのか、好調な業績及び現在の株価水準を少なくとも維持できるかどうかが、今後の最大の鍵を握っていると考えられる。

ルネサス エレクトロニクスの約70%を保有の産業革新機構が、売出しにて同社株式の約2割を売却すると発表した。 05/25 07:26

日立がメインフレームのハードウェア開発から撤退する。 05/25 07:17

ランサムウェアが特に悪質なのは、すでにパッチが公開されているWindowsの脆弱性「EternalBlue」を悪用して、ネット上で拡散する機能を持っていることだ

WannaCryと呼ばれるランサムウェアの亜種が5月12日に発生し、被害は世界中に広がった。 05/20 12:15

実証実験段階がしばらく続くとも見られていただが、ここにきてブロックチェーン実用化に向けた動きが加速している。

分散型台帳技術とも呼ばれるブロックチェーンは、取引を記録する台帳が無数にコピーされることから改ざんが実質的に不可能で、中央での集中的な処理を必要としない。 05/15 08:19

九州大学発のベンチャーHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ)は、同社開発の線虫がん検査法「N-NOSE」(エヌ・ノーズ)の実用化に向けて、日立製作所<6501>と共同研究を進める方針を明らかにした。日本におけるがんの疾病費用は、間接費用を含めると約10兆円と大きな社会的負担となっている。

九州大学発のベンチャーHIROTSUバイオサイエンス(ヒロツバイオ)は、同社開発の線虫がん検査法「N-NOSE」(エヌ・ノーズ)の実用化に向けて、日立製作所と共同研究を進める方針を明らかにした。 05/09 08:33

日立製作所は25日、産業用コンプレッサー大手の米サルエアー社を2億4500万ドル(約1,357億)で買収すると発表した。 04/26 17:19

コニカミノルタブースのイメージ(コニカミノルタの発表資料より)

ドイツ北部のハノーバーで産業見本市が開幕した。 04/24 19:26

日立製作所と九大発のベンチャー企業・HIROTSUバイオサイエンスが、線虫を使ったガン検査の実用化に向けた共同研究を開始する(時事通信、mugendai)。 04/22 17:52

ホンダ技研工業と日立製作所が、電気自動車(EV)の駆動に使う電動モーター事業で提携すると発表した。ホンダにとって遅れていたEV分野の巻き返しの一歩になる

ホンダ技研工業と日立製作所が、電気自動車(EV)の駆動に使う電動モーター事業で提携すると発表した。 02/11 21:53

日本では、2025年に認知症の患者数は約700万人、認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)の人数を含めると約1,300万人に上ると予想されている。 01/29 21:33

電子情報産業協会(JEITA)は23日、2016年のパソコン国内出荷台数を発表した。 01/23 21:44

LPWAのひとつで、家庭用エネルギー管理システム機器-スマートメーター間など狭いエリア内での機器間通信を想定した「Wi-SUN」の機能を拡張した新規格「Wi-SUN FAN」の実用化が、産学連携で進められている。京都大学大学院情報学研究科らの研究グループはローム<6963>、日新システムズと共同で、この規格対応の無線機を開発した。

IoT向け通信技術が普及の兆しを見せている。 01/18 12:42

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告