ハッカーのニュース(ページ 3)一覧

7月末に開催されるハッキングカンファレンスであるDEFCONで、アメリカの投票機のハッキング大会が企画されている。 05/29 19:01

世界中で「サイバー銀行強盗」活動を行っていたハッカーグループに対し、ロシア当局が摘発を行ったという(CNET Japan、Reuters、Slashdot)。 05/26 11:41

Windowsの脆弱性を狙ったランサムウェア「WannaCry」は、日本への攻撃も確認されており、トレンドマイクロによれば、最も被害が拡大した日本時間5月12日21時42分から5月15日9時00分までに13645件の攻撃が確認されたとのこと。最も被害が大きかったのは英国で、医療機関や製造業などに深刻な影響を与えている。

前例がないほどの拡がりを見せているランサイバー攻撃。 05/23 11:38

流行中のランサムウェア「WannaCrypt」(WannaCry)は非常に感染力が強いとされているが、フランスのセキュリティ研究者Benkow氏が実験を行ったところ、WannaCryはハニーポットサーバーに対して90分間に6回の攻撃を行い、さらにリセットしてもわずか3分後に新しい犠牲者に広がるように設定されていたという。 05/17 20:24

インターネット経由で無制限にアクセス可能なプリンターに対し、「このプリンターはハックされている」という内容とロボットのアスキーアートを印刷させるという「警告」が行われているそうだ(INTERNET Watch、Register)。 02/13 21:01

ロシア当局がセキュリティ企業Kaspersky(カスペルスキー)所属の研究者、Ruslan Stoyanov氏をロシア連邦刑法第275条(国家反逆)罪容疑で逮捕していたという。 01/30 18:49

モバイルフォレンジックを専門とするCellebriteのサーバーが不正アクセスを受け、情報が流出したとMotherboardが報じている。 01/15 17:12

先週の金曜日、米サンフランシスコ市交通局のコンピュータシステムがランサムウェアに感染した影響で、ライトレール地下駅の自動券売機が使えなくなり、土曜日は一日中料金無料の措置がとられた(GIGAZINE、SFGATE)。 12/01 08:50

IPA(情報処理推進機構)は10月24日より、新設国家資格「情報処理安全確保支援士」の初回申請受付を開始した

IPA(情報処理推進機構)は10月24日より、新設国家資格「情報処理安全確保支援士」の初回申請受付を開始した。 11/12 21:47

先日、セキュリティ関連ブログが最大620Gbpsにも達する巨大なトラフィックを使ったDDoS攻撃の対象になった話が報じられていたが、この攻撃に使われたマルウェアのソースコードがハッカーフォーラムに投稿されたという。 10/07 22:19

秘密の質問と答えのような知識ベースの認証(knowledge-based authentication: KBA)は、以前から認証システムの最弱点とみなされているにもかかわらず、採用しているWebサービスは相変わらず多い。 10/01 17:30

ロシア系のハッカーが世界反ドーピング機関(WADA)に不正アクセスを行って内部文書章を盗み取ったという。 09/17 11:25

「世界最高レベルのコピープロテクト」として以前話題になった「Denuvo」を採用した新作ゲームの海賊版が、発売後6週間で登場したそうだ。 09/04 16:44

iPhoneやPlayStation 3のハッキングで有名となり、その後Facebookに入社したことも話題となったGeohotことGeorge Hotz氏が、後付けできる自動車向け自動運転キットを開発しているそうだ。 04/07 00:05

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告