ハッカーのニュース(ページ 3)一覧

5月に大きく話題になったマルウェア「WannaCry」を無効化する方法を発見したセキュリティ研究者のマーカス・ハッチンス氏が、別のマルウェアに関与した疑いでFBIに逮捕されるという事件が発生した。 09/01 16:15

セキュリティ企業Check Pointの研究チームは、「Android」モバイルマルウェアの「CopyCat」が、2016年に1400万台以上の端末に感染していたことを明らかにした。CopyCatは、人気アプリに悪意あるコードを混入させて再パッケージ化。「Google Play」以外のアプリダウンロードサイトやフィッシング詐欺を通して配布される。

サイバーセキュリティの脅威は高度化・多様化している。 07/26 13:10

米国で、原子力発電所のコンピューター・ネットワークを標的とするサイバー攻撃がここ2か月で多発していることがニューヨーク・タイムズ紙の報道から明らかになっている。

米国で、原子力発電所のコンピューター・ネットワークを標的とするサイバー攻撃がここ2か月で多発していることがニューヨーク・タイムズ紙の報道から明らかになっている。 07/20 11:18

シンガポールでハッカーをライセンス制にすることを含むサイバーセキュリティ法案が提案されている。 07/16 10:16

先日、Windowsの脆弱性を狙って感染するランサムウェア「WannaCrypt」の流行が報じられたが(過去記事)、米国家安全保障局(NSA)がWannaCryは北朝鮮によるサイバー攻撃であると考えているという(ワシントンポスト、CNET Japan、ハンギョレ、中央日報、Slashdot)。 06/20 17:29

ランサムウェア「WannaCry」の被害拡大は5月12日以降、150か国以上、30万台以上のコンピューターに及んだ。被害が例を見ない規模のものとなった理由は、WannaCryが感染した端末のネットワーク全体に感染を拡げる性質を持つことからだ。すでに暗号化を解除するためのツールがサイバーセキュリティ研究者らによって公開されており、「WanaKiwi」としてWindowsXP~Windows7で利用できる。

ランサムウェア「WannaCry」の被害拡大は5月12日以降、150か国以上、30万台以上のコンピューターに及んだ。 06/02 07:20

7月末に開催されるハッキングカンファレンスであるDEFCONで、アメリカの投票機のハッキング大会が企画されている。 05/29 19:01

世界中で「サイバー銀行強盗」活動を行っていたハッカーグループに対し、ロシア当局が摘発を行ったという(CNET Japan、Reuters、Slashdot)。 05/26 11:41

Windowsの脆弱性を狙ったランサムウェア「WannaCry」は、日本への攻撃も確認されており、トレンドマイクロによれば、最も被害が拡大した日本時間5月12日21時42分から5月15日9時00分までに13645件の攻撃が確認されたとのこと。最も被害が大きかったのは英国で、医療機関や製造業などに深刻な影響を与えている。

前例がないほどの拡がりを見せているランサイバー攻撃。 05/23 11:38

流行中のランサムウェア「WannaCrypt」(WannaCry)は非常に感染力が強いとされているが、フランスのセキュリティ研究者Benkow氏が実験を行ったところ、WannaCryはハニーポットサーバーに対して90分間に6回の攻撃を行い、さらにリセットしてもわずか3分後に新しい犠牲者に広がるように設定されていたという。 05/17 20:24

インターネット経由で無制限にアクセス可能なプリンターに対し、「このプリンターはハックされている」という内容とロボットのアスキーアートを印刷させるという「警告」が行われているそうだ(INTERNET Watch、Register)。 02/13 21:01

ロシア当局がセキュリティ企業Kaspersky(カスペルスキー)所属の研究者、Ruslan Stoyanov氏をロシア連邦刑法第275条(国家反逆)罪容疑で逮捕していたという。 01/30 18:49

モバイルフォレンジックを専門とするCellebriteのサーバーが不正アクセスを受け、情報が流出したとMotherboardが報じている。 01/15 17:12

先週の金曜日、米サンフランシスコ市交通局のコンピュータシステムがランサムウェアに感染した影響で、ライトレール地下駅の自動券売機が使えなくなり、土曜日は一日中料金無料の措置がとられた(GIGAZINE、SFGATE)。 12/01 08:50

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

広告