米サンフランシスコ市交通局、システム侵入され券売機が利用不能に

2016年12月1日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 先週の金曜日、米サンフランシスコ市交通局のコンピュータシステムがランサムウェアに感染した影響で、ライトレール地下駅の自動券売機が使えなくなり、土曜日は一日中料金無料の措置がとられた(GIGAZINESFGATE)。措置は金曜の夜遅くに始まり、日曜朝にはどうやら回復していたようだ(NBC)。

 攻撃を行ったハッカーは犯人は「Andy Saolis」と名乗り、身代金として100ビットコイン(7万3千ドル相当)を要求しているという(S.F.Examiner)。事件は捜査中で、詳細は不明。駅のコンピュータの画面に「You Hacked, ALL Data Encrypted...」と表示されている姿は結構衝撃的である。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Windows Updateのふりをするランサムウェアが登場 2016年09月02日
データを復元できないのに身代金を要求する新種のランサムウェア 2016年07月16日
サイバー攻撃の85%は良く知られた脆弱性を悪用 2016年07月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性ハッカー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース