1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 軍事・防衛
  5.  > 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)(1)

軍事情報包括保護協定(GSOMIA)のニュース一覧

北朝鮮のSLBM完成が間近のようだ。 10/03 17:52

金浦国際空港でのエアプサンの看板 (c) 123rf

19年8月2日、日本政府は韓国を輸出管理の優遇処置が受けられる「ホワイト国」から外す閣議決定を行い、8月28日に施行された。 09/25 16:37

河野太郎防衛大臣は大臣就任に伴う記者会見で日韓関係について「日米韓がしっかり連携していくためには日米、日韓それぞれきちんと連携が取れていることが大事と思う」と述べ「しっかり東アジアで安定が図られるよう努力していかなければいけない」と語った。 09/13 09:30

韓国大統領府が22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表したことを受け、河野太郎外務大臣は「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ず、極めて遺憾」との談話を発表した。 08/23 09:10

徴用工問題や慰安婦問題など歴史にまつわる日韓関係の悪化に加え、安全保障の観点を理由に日本政府が輸出規制の強化を図ったことから、稲田防衛大臣時代の2016年11月に締結した日韓での安全保障上の機密情報の共有・保護協定(GSOMIA=軍事情報包括保護協定)について、年毎の自動更新がどうなるのか、懸念する声もあったが、日韓両国政府関係者はGSOMIAの継続の必要性を共有しているようだ。 07/30 08:15

日韓で軍事情報を共有する「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)が1年延長される見通しと聯合ニュースが韓国国防部当局者の話として23日までに伝えた。 08/24 18:31

今月、各国の防衛大臣が一堂に会し開かれたシャングリラ会合を機に行われた日韓防衛相会談で、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「しっかり安定的に運用していくということで一致した」(稲田防衛相)。 06/07 07:41

稲田朋美防衛大臣は12日の記者会見で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領下での日韓防衛当局・防衛大臣間の関係構築について記者団に問われ「韓国はわが国にとって戦略的利益を共有する最も重要な隣国であり、日韓両国の協力と連携はこの地域の平和と安定にとって不可欠だと思っている」とした。 05/13 11:36

韓国・聯合ニュースは10日、長嶺安政駐韓日本大使が同日、韓国外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官と面会後、記者団に「シリア情勢、北朝鮮問題が足元の大きな課題となっているが、日本と韓国がきっちり連携を取って協力していく必要があると述べた」と報じた。 04/11 07:50

北朝鮮が6日朝、弾道ミサイル4発を発射したのを受け、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が最初に対応に向け電話会談した相手が、日本の岸田文雄外務大臣だった、と聯合ニュースが伝えた。 03/08 08:38

民進党の野田佳彦幹事長は16日の記者会見で、慰安婦問題で日韓両国が最終的、不可逆的解決での合意をし、取り組んでいる中で、「過去にさかのぼって批判をし合ったら、前に進まない。 01/17 08:39

「在日本大韓民国民団」の新年会であいさつした呉公太(オ・ゴンテ)団長が「少女像を撤去すべきというのが、わたしたち在日同胞の共通した切実な思い」と語った

日韓関係に悪影響を及ぼしている韓国市民団体が釜山市の日本総領事館前歩道に設置した慰安婦を象徴する少女像を巡り、12日、在日韓国人や韓国系日本人らでつくる「在日本大韓民国民団」の新年会であいさつした呉公太(オ・ゴンテ)団長が「少女像を撤去すべきというのが、わたしたち在日同胞の共通した切実な思い」と語った。 01/14 11:32

稲田朋美防衛大臣は10日の記者会見で韓国釜山の日本総領事館前歩道に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに対する対抗措置として長嶺安政駐韓大使が一時帰国したが、北朝鮮対策を睨んだ日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)やその他の防衛関係に与える影響について記者団に聞かれ、「少女像設置は極めて遺憾で、日韓合意を誠実に履行することが求められている」とする一方「わが国と韓国は共に米国同盟国として、東アジア地域の平和と安定に共通の利益を有している」と日韓の立ち位置を強調した。 01/10 22:45

韓国政府は慰安婦に関する一昨年12月の日韓両国政府の最終的で不可逆的な合意に基づいた事項の履行とその精神を踏まえ、国民の理解を得るよう一層積極的に政治力を発揮すべきだ。 01/07 09:38

 1 2 3  次へ進む

広告

広告