北問題で日米韓外務次官協議、東京で27日に

2016年10月22日 19:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 岸田文雄外務大臣は21日の記者会見で、今月27日に東京で日米韓次官協議が開かれる、と発表した。岸田外務大臣は「北朝鮮が中距離ミサイル『ムスダン』と推定される弾道ミサイルを20日発射し、失敗するなど、挑発行動を続けている」とし「北朝鮮問題への対応を中心に3か国の緊密な協力を3か国の次官で確認する考えだ」と説明した。次官協議は昨年4月から数えて5回目となる。

 韓国外交部も20日、3か国外務次官協議を東京で27日に開くことを発表した。聯合ニュースは「韓国から林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官、米国からブリンケン国務副長官、日本から杉山晋輔外務事務次官が出席する」と伝えた。

 また、議題について韓国外交部に話として「今回は『北の威嚇・挑発に対応し、対北制裁圧迫を強化するための3カ国の協力策を集中的に議論する』と説明した」と伝えた。

 報道で注目されるのは「韓米、韓日の2国間協議も調整している」とし「韓日間協議では3カ国の安全保障連携で必要とされる『軍事情報包括保護協定(GSOMIA)』の締結をめぐり、進展した議論が行われるかだ」としている点。日本は早期締結を求めており、韓国の対応が注視されている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
韓国 総理の真榊奉納に『名指しせず』一定配慮
ミサイル防衛拡充と稲田防相 韓国米戦略兵器か
安保理決議履行へ強い圧力必要 岸田外相
GSOMIAは朝鮮半島進出前提でない事は明確
北がムスダン発射に失敗、近く再実験の可能性

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮米国岸田文雄弾道ミサイル安全保障軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

関連記事

広告