CX-3のニュース(ページ 2)一覧

グローバルな人気に応える恰好で「マツダCX-5」の生産増強を発表したマツダ

マツダは、グローバルで高まる需要に柔軟かつ迅速に対応するために、防府第2工場(山口県防府市)で新型「マツダ CX-5」の生産を開始したと発表した。 10/18 15:45

全グレードにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した「CX-5」、同時にアテンザも同様の改良を受けた

マツダは、「マツダ CX-5」「マツダ アテンザ」をマイナーチェンジし、全機種にマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備したと発表した。 08/04 08:22

3Dバレルロールの様子(写真: ジャガー・ランドローバーの発表資料より)

「SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicl)。 07/17 12:01

マツダ CX-3のガソリンエンジン搭載「20S L Package」2WD車(写真: マツダの発表資料より)

マツダはCX-3のマイナーチェンジを行い、2017年6月末にディーゼル車を販売開始、7月末にはガソリン車を発売する予定だ。 07/10 17:52

今回CX-3に追加となった「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の「20S“PROACTIVE”」(2WD)、価格は228.42万円。新ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」は新型「CX-5」で初導入し好評な塗色だ

先般、WLTCモード燃費を表記する第1号となるクルマが登場するとしたレポートで、従来クリーンディーゼル車だけをラインアップしていたマツダのコンパクトSUV「CX-3」に、新たに2リッターガソリンエンジン搭載車が今夏発売となると報告していたが、正式にマツダが、その発売を発表した。 06/29 09:13

マツダが公開した今夏発売予定の「CX-3  SKYACTIV-G 2.0」のWLTCモード燃費値

2011年以降、現在まで、自動車のカタログ燃費はJC08モード燃費という測定値で表す。 06/10 10:47

国土交通省と経済産業省は2020年までに国内新車販売に占める自動ブレーキ搭載車の比率を9割超に高める方針を固めた

高齢ドライバーによる重大な事故が増加している。 04/11 11:27

マツダが13日、国内で販売するほぼすべての車種で自動ブレーキなどの安全技術を標準装備すると発表した(朝日新聞)。 03/15 11:49

マツダは13日、本社工場で生産している新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を今年11月から山口県の防府工場においても生産すると発表した。 03/14 07:08

「MAZDA PROACTIVE SAFETY」の考え方に基づく、安全・安心なクルマづくりのステップ(マツダの発表資料より)

マツダは13日、日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うと発表した。 03/13 17:31

マツダが、2015年に発売したコンパクトSUV「CX-3」。国内では、独自の高効率クリーンディーゼルエンジン専用車とした。が、ガソリン車が追加、200万円を切る価格で登場か?

マツダは今夏、国内でコンパクトSUV「CX-3」のガソリン車を発売するようだ。 02/23 11:50

前へ戻る   1 2

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告