1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > 老化(1)

老化のニュース一覧

紫外線の照射は肌の細胞にダメージを与えるだけでなく、活性酸素を増加させる原因になる

梅雨も明け、日本全国に暑い夏の陽射しが照りつけている。 08/04 21:41

生命活動に必須の「NAD」という物質を合成する「eNAMPT」という酵素は加齢によって減少していき、さらにこの酵素を若いマウスの血液から採取して老化したマウスに注射することで老化を遅らせる効果があるという研究結果が発表された。 06/20 18:36

日本原産の植物アシタバには健康食品としての効能があると言われているが、アシタバに含まれる「4,4'-Dimethoxychalcone(DMC)」という成分に細胞を守る働きがあるという研究結果が発表された。 06/19 22:53

紫外線による肌ダメージ評価法の比較(花王発表資料より)

花王は、紫外線照射を受けた直後の1~3分後に肌が発するバイオフォトン量を計測して肌ダメージを定量化する新技術を開発した。 06/10 21:15

イタリアはボローニャで開催されている医学フェスティバルにおいて、認知症研究の第一人者といわれるイアン・ディアリー博士が最新の研究結果を発表した。 05/13 08:48

皮膚の老化は幹細胞の「競争」によって発生するという論文が発表された。 04/09 21:28

ゲラン(GUERLAIN)は、蜂由来成分に着目した「アベイユ ロイヤル」シリーズの新作「アベイユ ロイヤル バンデージ マスク」「アベイユ ロイヤル UV スキン ディフェンス 」を2019年4月1日(月)より全国発売する。 02/22 22:38

今回の研究成果から予想されるモデル図(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学バイオシグナル総合研究センターは、アミノ酸代謝酵素の一つであるD-アミノ酸酸化酵素(DAO)が、活性酸素種(ROS)を発生させることによって、細胞の老化を促進させることを解明した。 01/24 11:45

米航空宇宙局(NASA)は12日、マウスなどのげっ歯類を研究する「RR-8」プロジェクトにおいて、国際宇宙ステーション(ISS)など宇宙空間に年齢差のあるマウスを滞在させ、老化が病気の進行に及ぼす影響を調査すると報告した。 01/17 09:40

今年は暖冬傾向といわれてはいるものの、9月頃から発生報告が出ており、東京都感染症情報センターの調査によると、11月末の時点ですでに都内の学級閉鎖の件数が48件となっている

毎年、この時期になると話題になりはじめるのが「インフルエンザ」だ。 12/09 20:09

シドニー大学が科学雑誌『セル・リポーツ』に、新たな研究結果を発表した。 12/04 11:16

「人の寿命を予測する」技術の開発が進んでいるという。 10/29 22:34

米国・ニューヨークで、老化抑制目的で若者の血液を輸血する診療所が開業する見通しだという。 10/07 22:48

2018年8月に、ミュンヘンで開催された欧州心臓学会において、額のシワと心臓の関連性についての研究結果が発表された。 09/03 07:39

 1 2  次へ進む

広告

広告