1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 室園美映子(1)

室園美映子のニュース一覧

今回の研究の概要。アトピー性皮膚炎の主要な痒みを引き起こす物質である IL-31の産生を抑制する化合物を開発した。(画像: 九州大学の発表資料より)

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質を持っており皮膚のバリアが弱い人が、さらに環境の影響も受けて発症する。 04/20 08:21

既存薬からの抗ウイルス活性を持つ薬剤スクリーニングの手順(画像: 京都大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症の治療のために世界中で研究が進められている。 04/11 18:12

心臓マクロファージが分泌するアンフィレグリンが心臓突然死を防いでいる仕組み。(画像: 発表資料より)

突然死とは、怪我など外部からの原因以外の症状が起こってから、24時間以内に死亡することをいう。 04/03 09:08

今回の研究の成果(画像: 熊本大学の発表資料より)

糖尿病の治療に用いられるインスリンは、これまで注射という形で使用されてきた。 03/24 16:54

研究の概要(画像: 京都大学の発表資料より)

がんの治療に用いられる抗がん剤は、効果とともに副作用も持ち、その副作用が原因で治療を中断せざるを得ないことも少なくない。 03/01 07:28

ウイルス中和実験の概要。(画像: 慶應義塾大学の発表資料より)

抗体は、生物が細菌やウイルスを撃退ために体内で作り出す分子の1つであり、中でも、感染に重要な部位に結合し感染をブロックするものを「中和抗体」という。 02/21 07:35

延命草のエキスから、発毛の司令塔である毛乳頭細胞を活性化する効果を発見した研究の概要。(画像: 近畿大学の発表資料より)

ロングセラーの育毛剤に配合されている延命草のエキスが、発毛をコントロールする毛乳頭細胞を活性化することがわかった。 01/26 17:28

新型コロナウイルス感染患者と1日の間に中程度の接触(1分間の接触を20回)をした場合の医療従事者の経路別感染リスクの寄与率(画像: 近畿大学の発表資料より)

近畿大学の研究グループは、医療機関における新型コロナウイルス感染症の感染リスクを計算するシミュレーションモデルを構築した。 01/13 16:42

新型コロナウイルス肺炎感染者が中国の武漢で初めて発見されてから、およそ1年が過ぎた。 12/29 18:07

カブトクラゲの仲間の発光の様子(画像: 名古屋大学の発表資料より)

発光生物と聞けば、ホタルやクラゲを思い浮かべるだろう。 12/13 19:21

新型コロナウイルスのスパイクタンパク質(赤)がヒト細胞のACE2(緑)と ニューロピリン1(水色)とに同時に結合するイメージ図。(画像: 名古屋大学の発表資料より)

ヒトや動物にウイルスが感染するとき、ウイルスの持つ「スパイクタンパク質」が細胞の表面の受容体と結合して、それを足掛かりに細胞に入り込む。 11/25 07:45

(画像: 京都大学の発表資料より)

京都大学大学院の三宅正裕特定助教、辻川明孝教授、中野絵梨博士課程学生を中心とした研究グループは、長浜スタディの9850人の日本人データを解析し、コーヒーをよく飲む人の眼圧が低いことを発見した。 11/12 17:48

(図1)抗犬 PD-1 犬化抗体の作製(画像: 山口大学の発表資料より)

犬のがんを治療する「免疫チェックポイント分子阻害剤」を山口大学の水野拓哉教授、伊賀瀬雅也助教らの研究グループが、日本全薬工業と共同で開発した。 11/03 11:51

本研究で提唱する新型コロナウイルス感染症重症化の免疫学的機(画像: 熊本大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症の重症化に免疫が関与していることが分かってきているが、まだそのメカニズムは明らかになっていない。 10/13 17:18

ウイルス量の変化(左)とウイルス感染評価結果の一例(右)(画像: 発表資料より)

奈良県立医科大学の中野竜一准教授、東京工業大学の宮内雅浩教授、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは、可視光を当てることで強い酸化力を示す可視光応答形光触媒材料(CuxO/TiO2)が、新型コロナウイルスを不活化することを世界で初めて報告した。 10/02 08:38

励起波長を変えることで、様々な深度のがん組織を観察することができる(画像: 山口大学の発表資料より)

ナノ医学という言葉を聞いたことがあるだろうか。 08/31 06:35

エリスロマイシンはマクロライド系の抗生剤の1つだが、新潟大学の前川知樹准教授、前田健康教授、寺尾豊教授、多部田康一教授らの研究チームは、この抗生剤の抗炎症作用メカニズムを明らかにした。 08/13 13:26

図1(画像: 滋賀医科⼤学の発表資料より)

糖尿病の合併症のひとつとして、糖尿病性腎臓病がある。 07/31 13:06

 1 2 3  次へ進む

広告