1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 小村海(3)

小村海のニュース(ページ 3)一覧

研究で想定した感染予防策と、そのシミュレーション結果(筑波大学の発表より)

筑波大学は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染プロセスに関して、社会システム分析に用いるコンピューターモデルに組み込んでシミュレーションを行ったところ、在宅勤務や学級閉鎖といった感染予防策を単独、あるいは部分的に組み合わせて講じるだけでは大きな効果が見られないとの研究成果を明らかにした。 05/12 08:04

研究の概要(理化学研究所の発表より)

理化学研究所(理研)や近畿大学などの研究グループは、遺伝性腎臓病の1つで難病とされる「若年性ネフロン癆(ろう)」患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の樹立に成功したと発表した。 05/06 12:19

今回の研究の概要(東京理科大学の発表資料より)

世界中の研究機関が、総出で取り組む新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬、ワクチンの開発。 05/03 21:08

今回の研究の概要。(画像: 京都大学の発表資料より)

京都大学ウイルス・再生医科学研究所の河本宏教授らの研究グループが15日、ヒトのiPS細胞(人工多能性細胞)で再生したT細胞をヒト由来の腎ガン細胞に投与した結果、治療効果がみられたと発表した。 04/16 19:44

厚生労働省の実態調査では、国内に4万人超の患者数がいるアルコール依存症。 04/15 20:13

短距離走選手(左)と長距離走選手の「筋肉の硬さ」と「パフォーマンス」の関連性。短距離走選手では、硬く伸び縮みしにくい筋肉を持つ選手の方が100m走のタイムが良かったが、長距離走選手では、軟らかく伸び縮みしやすい筋肉を持つ選手の方が5000m走のタイムが良かった。(画像: 順天堂大学の発表資料より)

競技パフォーマンスは、短距離では硬く伸縮しにくい筋肉の選手ほど高い一方で、長距離は軟らかく伸縮しやすい選手が高くなりやすい――。 07/31 19:38

前へ戻る   1 2 3

広告