1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

*15:48JST アクアライン Research Memo(8):19年2月期は配当金20円を維持。 05/24 15:48

■中長期の成長戦略 1. 全国対応可能な生活関連駆付けサービス「SOS(生活おたすけサービス)」開始へ アクアライン<6173>は2019年5月、ユーザーの利便性を向上させるために、携帯アプリから全国対応可能な様々な生活関連駆付けサービスを依頼できるプラットフォームサービス「SOS(「生活おたすけサービス」の頭文字)」を開始する。 05/24 15:47

*15:46JST アクアライン Research Memo(6):2020年2月期は8期連続増収、利益はV字回復を予想。 05/24 15:46

*15:45JST アクアライン Research Memo(5):19年2月期は連続増収も減益。 05/24 15:45

■事業概要 3. ミネラルウォーター事業 アクアライン<6173>は2008年にウォーターディスペンサーの取扱いを開始し、ミネラルウォーター販売事業を開始した。 05/24 15:44

■事業概要 1. 水まわり修理市場 水まわりの緊急修理の市場規模は約800億円と推定されている。 05/24 15:43

■会社概要 1. 会社概要 アクアライン<6173>は、1994年に広島で創業された水まわり緊急修理サービスを中心とする会社である。 05/24 15:42

■要約 アクアライン<6173>は、1994年に広島で創業された水まわり緊急修理サービスの専門会社である。 05/24 15:41

■株主還元 ティーケーピー<3479>では、現在は先行投資の段階にあり、事業展開のスピードを高め、規模の拡大に伴って必要な資金を確保する観点から、当面は利益配当を実施せず、内部留保に努め、事業拡大に必要な資金の確保を優先する方針としている。 05/24 15:10

■成長戦略 1. 中期経営計画 ティーケーピー<3479>は、2021年2月期を最終年度とする中期経営計画(1年前に更新)を推進してきた。 05/24 15:09

■業績見通し 2020年2月期の業績予想についてティーケーピー<3479>は、売上高を前期比18.8%増の42,209百万円、営業利益を同40.7%増の6,002百万円、経常利益を同43.6%増の5,727百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同73.0%増の3,275百万円と発表した。 05/24 15:08

■ティーケーピー<3479>の主な活動実績 1. 高付加価値グレード施設の積極的な出店 高品質及び高機能のグレードを求める需要が高まるなかで、料飲等売上を伴う高付加価値グレード(上位3グレード)の拠点増強に積極的に取り組んだ。 05/24 15:07

■決算概要 1. 2019年2月期決算の概要 ティーケーピー<3479>の2019年2月期の連結業績は、売上高が前期比23.8%増の35,523百万円、営業利益が同24.3%増の4,289百万円、経常利益が同26.6%増の4,053百万円と期初予想を上回る大幅な増収及び営業(経常)増益を実現し、売上高、営業(経常)利益ともに過去最高を更新した。 05/24 15:06

■業績推移 過去の業績を振り返ると、会議室数の拡大がティーケーピー<3479>の成長をけん引し、年間20%以上の増収を継続してきた。 05/24 15:05

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告