1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■今後の見通し 1. 会社公表の2019年12月期業績予想は必達目標との位置付け 2019年2月に公表された富士ソフト<9749>による2019年12月期の業績予想は、売上高が前期比3.0%増の210,500百万円、営業利益が同2.6%増の11,700百万円、経常利益が同1.1%増の12,200百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.8%増の6,700百万円である。 03/26 17:36

■業績動向 富士ソフト<9749>の2017年12月期の売上高は180,773百万円となり、リーマン・ショック前のピーク売上高(2006年3月期179,505百万円)を11年ぶりに更新した。 03/26 17:35

■富士ソフト<9749>の事業内容 4. クラウドサービスとの競合に直面するアウトソーシング アウトソーシングは、データセンターやシステム運用・保守等のサービスを提供しており、売上高構成比は7.4%(2018年12月期)、営業利益構成比は9.0%(同)である。 03/26 17:34

■事業内容 富士ソフト<9749>の報告セグメントは、SI事業、ファシリティ事業、その他の3つからなる。 03/26 17:33

■会社概要 富士ソフト<9749>は、1970年5月設立の独立系大手ITソリューションベンダーである。 03/26 17:32

■要約 1. 会社概要と事業内容 富士ソフト<9749>は、1970年5月設立の独立系大手ITソリューションベンダーである。 03/26 17:31

■長期ビジョン アンジェス<4563>は2015年に長期ビジョンとして「2025年ビジョン」を策定したが、今回その一部を修正発表している。 03/26 16:52

■業績動向 3. 財務状況と新株予約権発行について アンジェス<4563>の2018年12月期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比4,087百万円増加の8,050百万円となった。 03/26 16:51

■業績動向 1. 2018年12月期業績の概要 アンジェス<4563>の2018年12月期の連結業績は、事業収益が前期比67.1%増の610百万円、営業損失が3,065百万円(前期は3,288百万円の損失)、経常損失が3,096百万円(同3,307百万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失が2,996百万円(同3,764百万円の損失)となった。 03/26 16:49

■主要開発パイプラインの動向 3. 高血圧DNAワクチン DNA治療ワクチンの1つとして、高血圧症を対象としたDNAワクチンの開発を進めている。 03/26 16:48

■主要開発パイプラインの動向 アンジェス<4563>の主要開発パイプラインは、HGF遺伝子治療薬、NF-κBデコイオリゴ、DNA治療ワクチン等がある。 03/26 16:47

■会社概要 1. 会社沿革 アンジェス<4563>は1999年に設立された大阪大学発のバイオベンチャーで、HGF遺伝子(肝細胞増殖因子)の投与による血管新生作用の研究成果を事業化することを目的に設立された。 03/26 16:46

■要約 アンジェス<4563>は、1999年に設立された大阪大学発の創薬ベンチャー。 03/26 16:45

■株主還元 マーケットエンタープライズ<3135>は、株主に対する利益還元は重要な経営課題であると認識しているが、これまでのところは無配となっており、2019年6月期も無配継続の予想としている。 03/26 16:10

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告