1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■株主還元策とリスク要因 1. 株主還元策 ホットリンク<3680>は株主に対する利益還元に関して、将来的には配当による利益還元を予定しているものの、現時点においては、事業投資や人材の採用・育成などに積極的に資金を振り向け、収益拡大により企業価値の向上(=株価上昇)を図ることが、株主への最大の還元策になると考えている。 04/07 16:21

■今後の見通し 3. 中期成長戦略 ホットリンク<3680>は中期的な成長戦略として、「世界規模のデータアクセス権」と、独自で培ってきた「データ解析技術」を強みとし、複数の事業ポートフォリオを有機的に組み合わせながら、データ活用領域で事業拡大していく方針を打ち出している。 04/07 16:20

■今後の見通し 2. 2020年12月期の事業方針 2020年12月期の事業方針としては、SNSマーケティング支援事業の拡大を目指すと同時に、利益率の高いサービスへのリソース再配分とコスト見直しを実施し、収益体質を強化することを掲げている。 04/07 16:19

■ホットリンク<3680>の今後の見通し 1. 2020年12月期の業績見通し 2020年12月期の業績見通しについて未定としている。 04/07 16:18

*16:17JST ホットリンク Research Memo(7):財務の健全性は維持するも収益性は大きく低下。 04/07 16:17

■業績動向 2. 部門別の動向(1) SaaSサービスSaaS事業の売上高は前期比36.7%減の478百万円となった。 04/07 16:16

■業績動向 1. 2019年12月期の業績概要 ホットリンク<3680>の2019年12月期の連結業績は売上高で前期比14.0%増の3,695百万円、営業損失で1,699百万円(前期は328百万円の利益)、税引前損失で1,707百万円(同305百万円の利益)、親会社の所有者に帰属する当期損失で1,634百万円(同111百万円の利益)となった。 04/07 16:15

■会社概要 3. ホットリンク<3680>の強み 同社の強みは、Effyisを子会社化したことにより世界最大級のソーシャルメディアデータ流通企業としての地位を確立したことに加え、同社が持つ世界レベルのビッグデータ解析技術に、Effyisが持つデータストリーミング技術を組み合わせることで、迅速かつ高度な分析サービスを提供できるようになったこと、また、これらビッグデータを収集・分析して利活用するソリューションサービスを展開できる体制が整ったことが挙げられる。 04/07 16:14

■会社概要 2. 事業内容 ホットリンク<3680>の事業は、SaaS事業、ソリューション事業、クロスバウンド事業の3つに分けて開示しており、同社及び子会社3社(Effyis、トレンドExpress、数慧光(上海)商務諮詢)で事業展開を進めている。 04/07 16:13

■会社概要 1. 会社沿革 ホットリンク<3680>は、2000年6月に現代表取締役会長の内山幸樹(うちやまこうき)氏が、「知識循環型社会のインフラを担い、世界中の人々が“HOTTO(ほっと)”できる世界の実現に貢献する」というミッションを掲げて創業した。 04/07 16:12

■要約 ホットリンク<3680>はソーシャルメディアデータを活用した分析ツールやマーケティング支援サービスの開発・販売を行うIT企業。 04/07 16:11

■今後の見通し 3. 人材投資の巡航局面入りで生産性向上効果の顕在化に期待 富士ソフト<9749>の人材投資動向をより詳細な開示がある単体ベースで見ると、新卒含有率(新卒採用数/前年末従業員数)が2014年12月期の1.6%から2015年12月期以降7%台へと跳ね上がるなかでも比較的落ち着いて推移していた離職率(年間退職者数/前年末従業員数)に変調の兆しが見て取れる。 04/07 15:28

■株主還元 AOI TYO Holdings<3975>は、今後の配当政策として、「連結配当性向30%以上」を掲げている。 04/07 15:28

■今後の見通し 1. 2020年12月期の業績会社計画は必達目標 2020年2月に公表された富士ソフト<9749>による2020年12月期の業績予想は、売上高が前期比3.0%増の238,000百万円、営業利益が同2.5%増の13,600百万円、経常利益が同0.7%増の13,850百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.1%増の8,000百万円である。 04/07 15:27

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • GMが開発したグローバルEVプラットフォーム(画像:General Motors発表資料より)
  • AIQの取り組み。(画像:AIQ発表資料より)
  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告