1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■株主還元 シュッピン<3179>は株主還元を重要な経営課題として位置付け、配当による還元を基本方針としている。 01/17 15:58

■株主還元策 AMBITION<3300>は株主還元策として配当を実施している。 01/17 15:57

*15:57JST シュッピン Research Memo(7):交換レンズを巡る一時的要因で通期見通しを下方修正。 01/17 15:57

■中長期の成長戦略・トピック 1. 不動産テック各種ツールを積極導入し不動産業界の効率化をリード AMBITION<3300>は不動産テックの分野で先駆者的存在である。 01/17 15:56

■中長期成長に向けた施策と進捗状況 3. 今後の取り組み:マーチャンダイジングの強化 2019年3月期においてシュッピン<3179>が取り組むのはマーチャンダイジングの強化だ。 01/17 15:56

■中長期成長に向けた施策と進捗状況 2. 売上拡大のための仕組みづくり シュッピン<3179>が2017年3月期と2018年3月期の2期にわたり注力してきたのは、売上高拡大のための仕組みづくりだ。 01/17 15:55

■今後の見通し AMBITION<3300>の2019年6月期通期の連結業績は、売上高が前期比20.7%増の28,085百万円、営業利益が同13.9%増の1,300百万円、経常利益が同7.0%増の1,088百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.1%増の648百万円と、期初からの増収増益予想を据え置く。 01/17 15:55

■業績動向 AMBITION<3300>の2019年6月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比90.7%増の6,320百万円、営業利益が272百万円(前年同期は50百万円の損失)、経常利益が228百万円(前年同期は53百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益が128百万円(前年同期は41百万円の損失)と大幅な増収とともに第1四半期からの利益計上を達成した。 01/17 15:54

■中長期成長に向けた施策と進捗状況 1. 成長への取り組みの流れ シュッピン<3179>の事業モデルの特長・強みは、1)リユース事業者に分類されるが取扱商材を“価値あるもの”に絞り込んでいる、2)店舗を最小限に抑えたEC特化型モデルである、3)中古品と新品の両方を伸ばすことで成長を目指している、の3点にあると弊社では理解している。 01/17 15:54

■シュッピン<3179>の業績の動向 2. 主要KPIの動向 (1) チャネル別・新品・中古別売上高の動向 販売チャネルのうち、2019年3月期第2四半期のEC売上高は、10,264百万円(前年同期比15.6%増)となった。 01/17 15:53

■事業概要 1. 東京都心で投資用デザイナーズマンションのトータルサービスを行う AMBITION<3300>は投資用マンションの開発からサブリース、入居者サービスまでを一気通貫で行うことができる稀有な企業である。 01/17 15:53

*15:52JST シュッピン Research Memo(2):増収減益で着地。 01/17 15:52

■会社概要 1. 会社概要と沿革 AMBITION<3300>は、2007年に現在も指揮を執る現代表取締役社長の清水剛(しみずたけし)氏により設立された新興の不動産会社である。 01/17 15:52

*15:51JST アンビション Research Memo(1):都心の投資用デザイナーズマンションに特化。 01/17 15:51

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告