1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■株主還元策について ソフトブレーン<4779>は持続的な企業価値の向上と株主還元を実現するためには、安定して継続的な利益を生み出す事業基盤の確立や積極的な新規事業の展開、資本投下等が必要であると考えており、中長期的な事業方針等も勘案しつつ、内部留保の充実、資金の確保等の必要性も踏まえた上で、配当を実施していくことを基本方針としている。 10/15 15:18

■中期経営計画 2. 事業別成長戦略 (1) 営業イノベーション事業 営業イノベーション事業における事業環境については、引き続き追い風が続くとの認識だ。 10/15 15:17

■中期経営計画 1. 基本方針と重点施策 ソフトブレーン<4779>は、2018年1月に2020年12月期を最終年度とする3ヶ年の中期経営計画を発表した。 10/15 15:16

■業績動向 3. 2018年12月期の業績見通し ソフトブレーン<4779>の2018年12月期の連結業績は、売上高が前期比10.0%増の8,900百万円、営業利益が同21.1%増の1,150百万円、経常利益が同20.7%増の1,150百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.8%増の750百万円と2期ぶりの増収増益に転じる見通し。 10/15 15:15

■業績動向 1. 2018年12月期第2四半期累計業績の概要 ソフトブレーン<4779>の2018年12月期第2四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比9.8%増の4,328百万円、営業利益が同5.5%増の461百万円、経常利益が同6.6%増の464百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同0.8%減の287百万円となった。 10/15 15:14

■会社概要 2. 事業内容 ソフトブレーン<4779>の事業は「営業イノベーション事業」「フィールドマーケティング事業」「システム開発事業」「出版事業」の4つに区分されている。 10/15 15:13

■会社概要 1. 会社沿革 ソフトブレーン<4779>は1992年創業のソフトウェア開発会社で、営業部門の生産性向上を支援するソフトウェア「eセールスマネージャー」(1999年開発)の開発販売を主に事業展開してきた。 10/15 15:12

■ベンチマーキング 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>は投資主還元策として年2回、半年ごとに高水準の分配金の支払いを予定している。 10/15 15:07

■成長戦略 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>では、中期的に資産規模1,000億円を目指している。 10/15 15:06

■今後の見通し ● 2019年1月期及び2019年7月期の業績見通し 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>では、2018年8月に公募増資と第三者割当を実施し手取金2,443百万円を調達した。 10/15 15:05

■業績動向 1. 2018年7月期の業績概要 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>の2018年7月期(第3期)の業績は、営業収益657百万円(前期比57.8%増)、営業利益235百万円(同63.1%増)、経常利益135百万円(同20.0%増)、当期純利益134百万円(同20.0%増)であった。 10/15 15:04

■日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>の再生可能エネルギー発電の見通し 1. 再生可能エネルギーの主力電源化 2018年7月3日、第5次エネルギー基本計画が閣議決定された。 10/15 15:03

■概要・特長 1. 同投資法人及びそのスポンサー 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>は、2016年8月2日に設立登記され、2017年3月29日に、東京証券取引所インフラファンド市場に3番目のインフラファンドとして上場した。 10/15 15:02

■要約 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>は、クリーンエネルギーで高い成長が見込まれる太陽光発電設備等を主な投資対象として、長期的に安定的なキャッシュフローと収益を創出する投資機会を投資家に提供することを目指して、2017年3月29日に東証インフラファンド市場に上場した。 10/15 15:01

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告