日産ノートにスポーツ&SUVスタイルの「AUTECH CROSSOVER」登場

2021年10月9日 11:54

印刷

日産・ノート AUTECH CROSSOVER(画像: 日産自動車発表資料より)

日産・ノート AUTECH CROSSOVER(画像: 日産自動車発表資料より)[写真拡大]

 日産とオーテックジャパンは7日、コンパクトカー「ノート」に新グレード「AUTECH CROSSOVER」を追加し、発売した。

【こちらも】日産、「NV100クリッパー」「NV100クリッパー リオ」を一部改良 安全装備強化

 オーテックは日産車をベースに、高級感とスポーティなスタイルを兼ね備えたモデルを生み出してきた。ブランドのイメージカラーは創業地である神奈川県茅ケ崎市の海をイメージしたブルーで、今回のノートAUTECH CROSSOVERにも採用されている。

 ノートAUTECH CROSSOVERは、既存のコンパクトカーから抜け出すようなスポーティな性能が特徴。これにSUVに準ずる機能性が加わり、ワイルドなスタイリングになった。

 エクステリアはAUTECH CROSSOVERらしい重厚な見た目が特徴。ブランドではおなじみのドットパターンフロントグリルから始まり、シグネチャーLEDもブランドカラーのブルーに仕立てている。タイヤの直径を従来モデルより大きくしたことや専用サスペンションの採用に合わせ、地上高も25mm拡張。これにより悪路を走り抜ける力が備わった。

 インテリアもプレミアムブランドらしい上質な仕上がりだ。全体をブラックにまとめ、大人の雰囲気を演出している。たとえばインストルメントパネルに使われている高級材は、鮮やかな木目と紫檀の柄が印象的だ。シートもレザレットの柔和な触れ心地が、リラックスしやすい環境を引き立たせている。

 AUTECH CROSSOVERのボディカラーは、AUTECHシリーズ専用としてミッドナイトブラック、AUTECH CROSSOVER専用としてはプレミアムホライズンオレンジ+ステルスグレールーフの2トーンを採用。これらも含め、全8色から選択可能だ。

 メーカー希望小売価格はいずれも消費税込みで、2WDが253万7,700円、4WDが279万6,200円。

関連キーワード

関連記事