佐賀市で頭部が2つあるカメ発見 西之島の調査ではコケムシの新種

2021年7月22日 17:25

印刷

記事提供元:スラド

生物関係の話題を二つ。佐賀県佐賀市で頭部が二つあるカメが見つかり話題となっている。このカメはクサガメという種類。佐賀市で5月にバイクの整備店を営む男性により見つけられたものだという。体長3.5cmほどでまだ子どもであるという。右の頭部よりも左の方が食欲旺盛であるそうだ。専門家によれば2つの頭が内臓器官を共有しており、日本での目撃例は非常に珍しいとしている(サガテレビサガテレビ[動画])。

もう一つは西之島に関する話題で、環境省が7月6日から16日までに行った同島の調査で、海中では80種を超える生物が確認されたそうだ。中でも島付近の海底で見つかった「コケムシ」はこれまで見つかっていなかった新種である可能性があるという。また陸上においても5種類のウミドリの繁殖が確認されているとのこと(テレ朝NEWSANNnewsCH[動画])。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
沖縄でゴキブリやムカデを捕獲すると5年以下の懲役または500万円の罰金になる可能性 2021年07月01日
ブラジルで親指の爪サイズの新種カエル発見。特定波長の紫外線を当てると光る 2021年05月21日
沖縄で新種のムカデ発見、水中でも暮らせる種が国内で見つかったのは初 2021年04月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード佐賀県環境省西之島

関連記事