日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に4日続落、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約201円押し下げ

2021年6月21日 16:46

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:46JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に4日続落、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約201円押し下げ
21日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり6銘柄、値下がり217銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は大幅に4日続落。18日の米国市場でNYダウは大幅に5日続落し、533ドル安となった。セントルイス連銀のブラード総裁の発言を受け、金融緩和の早期縮小観測と経済減速への懸念が一段と強まった。「恐怖指数」とされる米株の変動性指数(VIX)は節目の20を上回り、週明けの東京市場でもリスク回避目的の売りが先行。日経平均は457円安からスタートすると下げ幅を大きく広げ、後場の寄り付き直後には27795.86円(前週末比1168.22円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比953.15円安の28010.93円となった。下げ幅は2月26日(1202.26円安)に次ぐ今年2番目の大きさで、終値としては5月17日以来の安値水準。東証1部の売買高は13億0108万株、売買代金は2兆9466億円だった。業種別では、ゴム製品、化学、保険業が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは空運業のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の93%、対して値上がり銘柄は6%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位は東エレク<8035>となり、2銘柄で日経平均を約201円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはT&DHD<8795>で6.27%安、同2位は豊通商<8015>で5.77%安だった。

一方、値上がり寄与トップはエーザイ<4523>、同2位はソニーG<6758>となり、2銘柄で日経平均を約4円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは川崎汽船<9107>で0.87%高、同2位は日清紡HD<3105>で0.66%高だった。


*15:00現在

日経平均株価  28010.93(-953.15)

値上がり銘柄数  6(寄与度+4.69)
値下がり銘柄数 217(寄与度-957.84)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4523> エーザイ 12150 75 +2.70
<6758> ソニー 10540 40 +1.44
<3105> 日清紡HD 914 6 +0.22
<6326> クボタ 2235.5 4.5 +0.16
<9107> 川崎船 3495 30 +0.11
<9202> ANA 2713 16.5 +0.06

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 78880 -3590 -129.28
<8035> 東エレク 47570 -1990 -71.66
<9984> ソフトバンクG 7559 -275 -59.42
<6954> ファナック 25865 -1540 -55.46
<4063> 信越化 18060 -1100 -39.61
<6857> アドバンテ 9780 -460 -33.13
<4543> テルモ 4371 -177 -25.50
<2413> エムスリー 7304 -281 -24.29
<6971> 京セラ 6640 -257 -18.51
<9433> KDDI 3400 -79 -17.07
<7733> オリンパス 2260 -109 -15.70
<6762> TDK 13120 -410 -14.76
<6098> リクルートHD 5390 -132 -14.26
<4519> 中外薬 4121 -129 -13.94
<4021> 日産化学 5240 -320 -11.52
<2801> キッコーマン 7090 -320 -11.52
<8015> 豊通商 5060 -310 -11.16
<9766> コナミHD 6700 -310 -11.16
<6367> ダイキン 20505 -300 -10.80
<3659> ネクソン 2424 -147 -10.59《FA》

関連記事