TSMC、21年に車載用半導体の生産を6割拡大する方針

2021年5月25日 17:29

印刷

記事提供元:スラド

台湾TSMCが21日、今年の車載用の半導体の生産量を昨年より6割増やす方針を示したという。19年比で行くと3割の増加となる模様。この方針は米商務省が主催したオンライン会議後の声明で同社が明らかにしたもの。ただし、増産を行う場所やスケジュール、具体的な手法などについては触れなかったとしている(日経新聞TECH+読売新聞)。

この会議にはTSMCのほかにもはSamsung Electronics、GLOBALFOUNDRIESなどのファウンドリが含まれていたとしている。米商務省側は米自動車メーカーへの半導体供給を求める呼びかけを各社に対して行っていたとされる。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
TSMC、半導体製造の契約期間を最長5年に。長期契約優先 2021年04月30日
自動車産業の半導体不足は、ジャストインタイム方式の失敗? 2021年04月26日
Intelがファウンドリー事業に参入へ。新工場を建設しTSMCと競合する方針示す 2021年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsung台湾半導体TSMC

関連記事