Jトラストの月次動向(4月)は韓国、東南アジアの好調続く

2021年5月14日 20:09

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日本金融事業はクラウドファンディングを通じた保証が拡大

 Jトラスト<8508>(東2)が5月14日16時に発表した4月の月次動向「月次データ推移<速報>」は、日本金融事業の債務保証残高が横ばい微減となったものの、韓国金融事業の「銀行業における貸出金残高」は3カ月ぶりに増加し前年同月比では21.6%増となり、東南アジア金融事業の「Jトラスト銀行インドネシア・貸出金残高」は3カ月連続増加した。日本金融事業では、クラウドファンディングを通じた保証が拡大している。

 韓国金融事業の「銀行業における貸出金残高」は1兆5719億ウオン(前月比3.4%増、前年同月比21.6%増)となり3カ月ぶりに増加した。

 東南アジア金融事業の「Jトラスト銀行インドネシア・貸出金残高」は7兆9039億ルピア(前月比2.1%増、前年同月比6.9%増)となり3カ月連続増加した。同じくカンボジアを拠点に展開する「Jトラストロイヤル銀行・貸出金残高」は7億4900万ドル(前月比0.3%減、前年同月比38.4%増)となり、3月までの9カ月連続増加からは小休止となったが、前年同月比では年初から大幅な増加が続いている。

 日本金融事業の債務保証残高は2072億円(前月比0.3%減、前年同月比2.2%減)となったが、目下、保証商品の多角化の一環としてクラウドファンディングを通じた保証を強化している。「融資型」のクラウドファンディングではZUU<4387>(東マ)ほかと提携し、「不動産投資型」のクラウドファンディングではプロスペクト<3528>(東2)グループなどと提携し、それぞれのクラウドファンディングサイトを通じて日本保証の債務保証を組み込んだ商品の募集を行っており、「保証残高も順調に増加している」(決算短信より)。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
神鋼商事は上値試す、21年3月期は需要回復が想定以上で最終増益予想(2021/03/10)
アールシーコアは下値固め完了、22年3月期収益改善期待(2021/03/10)
ケンコーマヨネーズはボックス上放れの動き、21年3月期減収減益予想だが上振れ余地(2021/03/10)
JPホールディングスは調整一巡、21年3月期予想は上振れの可能性(2021/03/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース