ベビーカレンダー 一時大幅続伸、信用取引規制解除を買い材料視/新興市場スナップショット

2021年4月21日 13:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:30JST <7363> ベビーカレンダー 11100 -440
一時大幅続伸。東証が21日から信用取引規制を解除し、買い材料視されている。ベビーカレンダーは前営業日まで信用取引による新規の売付及び買付に係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)とする規制措置を受けていた。日証金も貸借取引銘柄別増担保金徴収措置を解除した。規制解除に伴って売買が活性化するとの見方が広がっているほか、「こども庁」創設に対する期待も引き続き買いを支えているようだ。ただ、朝方の急伸後は利益確定売りに押されて下落に転じている。《TY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース