BASEは後場も次第高、「まん延防止等重点措置」など材料視される

2021年4月9日 18:09

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ネットショップ作成サービス再拡大を期待

 BASE<4477>(東マ)は4月9日、後場も時間とともに上げ幅を広げ、14時20分に本日現在高の1907円(192円高)まで上げて出直りを強めている。

 初心者でも本格ECサイト(ネットショップ)が作れるソリューションを提供し、ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」のショップ開設数が3月4日に140万ショップを超えた。「まん延防止等重点措置」が4月12日から東京都、京都府、沖縄県でも実施されることを受け、ネットショップ開設需要のさらなる拡大に期待が再燃し、再び注目が強まった。

 今12月期の業績予想は、認知度向上、顧客獲得のための広告宣伝、サービス拡大に向けたプロダクト開発人員の採用、業務委託の起用などの先行投資の実施により赤字を予定するが、株価は下値が限定的な展開で織り込み済みのようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース