ソノコムが一気に高値を更新、「5G」に関するNEC、富士通、京セラの動向など材料視

2021年4月8日 17:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■京セラは5G投資を3年で4500億円と伝えられる

 ソノコム<7902>(JQS)は4月8日、13時にかけて5%高の885円(43円高)前後で推移し、一気に年初来の高値を更新している。NEC<6701>(東1)と富士通<6702>(東1)が各々「5G」に関する新たな展開を発表し、京セラ<6971>(東1)の「5G」大型投資も伝えられており、ソノコムの事業に追い風との見方が出ている。

 NECは4月8日午前、米シスコシステムズとの戦略的パートナーシップ契約の締結を発表した。また、富士通も同日午前、トレンドマイクロと共同で、ローカル5Gを活用したスマートファクトリー環境にサイバー攻撃などへの対策を強化するセキュリティソリューションを実装し、その有効性を実証したと発表した。また、日本経済新聞・朝刊は「京セラ5G投資4500億円、3年で、関連部品生産を増強」と伝えた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
うかいは下値切り上げ、2月売上は1月に比べて減収幅縮小、22年3月期収益回復期待(2021/03/23)
ティムコは上値試す、アウトドア人気で21年11月期収益改善期待(2021/03/23)
【注目銘柄】クニミネ工業は業績再上方修正をテコに景気敏感株人気を強めて続伸(2021/03/03)
巴工業は上値試す、21年10月期営業・経常減益予想だが上振れの可能性(2021/03/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告