中国の月探査車、月面で奇妙な岩石を発見

2021年2月17日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 中国の月探査車 玉兎2号は月の夜が明けて6日に探査活動を再開したが、前回の休眠に入る直前に奇妙な岩石を発見していたそうだ(Space.comの記事SlashGearの記事我們的太空の記事)。

探査チームが「里程碑 (一里塚)」と名付けたこの岩石は、石碑のような形で月面に立っている。大きさには触れられていないが、休眠地点へ戻れなくなる危険を冒してまで回り込んで観察した探査チームの盛り上がり具合からみて、それなりに大きなものだったようだ。

我們的太空の記事では何億万年も前から月の歴史を見守っていたような顔で月面に立っていたと表現されているが、その角ばった形は風化の進んでいない比較的若い岩石であることを示し、立ち上がったのも比較的最近のこととみられる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | 中国 |

 関連ストーリー:
月の裏側に着陸した中国の探査機、月のマントルの可能性がある岩石を採取 2019年05月22日
中国の月探査車「玉兎」、復旧なるか 2014年02月17日
中国の月探査車に異常、復旧は困難? 2014年01月28日
中国の無人探査機「嫦娥3号」、月面着陸に成功 2013年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

関連記事

広告