国内外で自動車業界の操業停止相次ぐ 半導体不足により

2021年1月19日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

自動車業界で車両に使う半導体が不足していると報じられている。その結果、国内外を問わず多くの自動車メーカーが減産や操業の一時停止を行う事態になっているようだ。具体的な社名としては海外勢ではフォードやフィアット、フォルクスワーゲン、ダイムラーが、日本メーカーではトヨタホンダ、日産SUBARUなども減産や操業を一時停止を発表している。

半導体不足の原因についてはPlayStation 5の話と同様に諸説あるようだが、日刊工業新聞の報道によれば、電力制御用パワー半導体の需給が厳しくなっていることが原因だという。この記事によれば、大手のSTマイクロエレクトロニクスやNXPセミコンダクターズなどの供給不足があるとしている。また、コロナ禍の影響により世界の新車販売が落ち込んだ一方で、巣ごもり需要などにより、PCやデータセンター、テレビ、ゲーム機向けの半導体需要が高まったことから、製造をそちらに割り当てた結果、自動車向けが不足し始めたという話もあるようだ(ニュースイッチ産経新聞Bloomberg日経新聞テレ朝NEWS)。

米国では半導体不足の解消が必要であるとして、自動車メーカーが政府に支援を要請したそうだ。支援を要請したとされるのはゼネラル・モーターズとフォード・モーター、フィアット・クライスラー・オートモービルズの米国部門。バイデン次期政権に対し、半導体生産を家電向けから再配分して、車載用の生産を増強するよう要望しているとのこと(Bloomberg)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | スラッシュバック | 交通

 関連ストーリー:
TSMCが21年内につくば市に研究センターを構築へ。北九州での製造も検討 2021年01月14日
PlayStation 5とXbox Series X供給不足の裏に味の素 2021年01月13日
中国ファーウェイ、次期SoC「Kirin 9010」を開発中との噂。製造できるかは別 2021年01月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車フォルクスワーゲン(VW)フォードプレイステーション(PlayStation)クライスラー半導体STマイクロエレクトロニクス

関連記事