NY外為:ユーロ軟調、伊や蘭の政局不安が重し

2021年1月16日 03:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*03:55JST NY外為:ユーロ軟調、伊や蘭の政局不安が重し


NY外為市場でユーロ売りが継続した。ドイツやフランスの新型コロナウイルス感染拡大に伴う規制の厳格化に加え、イタリアやオランダの政局不安がユーロ売りに拍車をかけた。

オランダのルッテ内閣が総辞職。総選挙を2カ月後に控え、育児給付を巡る連立政権内の対立が理由だという。

ユーロ・ドルは1.2134ドルから1.2078ドルまで下落し1カ月ぶり安値を更新。ユーロ・円は125円80銭から125円41銭まで下落し1日来の安値を更新した。ユーロ・ポンドは0.8907ポンドから0.8885ポンドまで下落した。《KY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング