2020年に発売された新車 注目の3車種は?

2021年1月4日 09:11

小

中

大

印刷

2020年に新発売されたHonda e(画像: Honda発表資料より)

2020年に新発売されたHonda e(画像: Honda発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 2020年は世界的に暗い話題が多い年になったが、自動車業界に目を向ければ、印象的な変革が多かった。今回は2020年に登場したニューモデルから、自動車の歴史を変えそうな車を3種類ピックアップしよう。

【こちらも】日産・ノートにe-Power 4WD登場 従来モデルとの違いは

●その1: Honda e

 何といってもHonda eは、日本のEV業界のカギを握る存在だ。ホンダ初の量産EVというだけでなく、既存の人気車と一線を画す個性にも注目したい。丸型ヘッドライトを中心とした愛らしいビジュアルが、幅広い世代に愛されそうだ。

 スマートフォンさえあれば、離れた場所からHonda eを操作できる。エアコンやキー、充電管理、目的設定などさまざまな機能を使えて助かるだろう。車内でも8:3の横長ディスプレーを柔軟に操作できるなど、利便性も申し分ない。

●その2: トヨタ・ヤリス

 トヨタ・ヤリスは、従来のヴィッツから名前を変え、新たなモデルとして生まれ変わった。1.5Lハイブリッドシステムは、世界トップクラスの低燃費が特徴。そのうえコンパクトカーとしては力強い走行性能にも注目したい。

 「TNGAコンパクトパッケージ」に基づいた新しい骨格により、運転環境やコントロールのしやすさ、抜群の燃費性能を引き出している。運転環境からコンパクトカーの常識を変えようとしているのがヤリスだ。

●その3: ダイハツ・タフト

 タフトは従来の軽自動車のイメージを覆す見た目に注目だ。昔のオフロード系乗用車を思わせるような、重厚感あふれるビジュアルが印象に残るだろう。

 窓のスペースを極限までに広め、サンシェードで開放感を引き立てた前席の「クルースペース」もポイントである。後部座席のフレキシブルスペースはシートアレンジを柔軟にでき、座席を折りたたんだときの積載性にも定評がある。これまでの軽自動車にはない使いやすさがタフトのメリットだ。

 以上の3車種は、今後の自動車市場を占ううえで、特に注目したい。2021年にも新たなモデルが多数登場する見通しだが、Honda e、ヤリス、タフトはそれらにも負けない活躍を見せてくれるだろう。

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車ハイブリッド車ダイハツ工業軽自動車TNGAヤリスタフトHonda e

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース