日産「セレナ」「デイズ」「ルークス」に特別仕様「アーバンクロム」登場

2020年12月21日 16:46

小

中

大

印刷

セレナ e-POWER ハイウェイスターV アーバンクロム(画像: 日産自動車発表資料より)

セレナ e-POWER ハイウェイスターV アーバンクロム(画像: 日産自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 日産デイズ ハイウェイスターX アーバンクロム プロパイロットエディション(2WD)
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ アーバンクロム プロパイロットエディション(2WD)

 日産自動車は17日、ミニバン「セレナ」、軽自動車「デイズ」「ルークス」の計3車種に特別仕様を追加すると発表。「アーバンクロム」として各モデルに専用装備を与え、2021年1月14日に発売する。

【こちらも】日産インフィニティ・QX55発表 日産の営業戦略 (1) 初代インフィニティとセルシオ

 3車種同時の特別グレード追加で、日産は幅広い顧客層に新しい魅力を提供する。セレナは1991年以来、約30年にわたって国内ミニバン市場のトップを争う人気モデル。2013年発売のデイズと2009年発売のルークスは、日産としては貴重な軽トールワゴンで、街乗り車を求める主婦層を中心に支持を集める。

 今回の日産は各モデルに「アーバンクロム」という特別仕様を追加し、洗練されたビジュアルにこだわる顧客層への求心力向上を狙う。

 「アーバンクロム」とは、漆黒のフロントグリルを軸に、上質かつスポーティな味わいを秘めたスタイル。セレナには漆黒のメッキグリルに加え、ドアミラー、16インチアルミホイールに専用パーツを採用。デイズにも同様のメッキグリルやドアミラーに加え、バックドアフィニッシャーもダーククロムメッキになっている。ルークスについてもフロントグリルとドアミラーが専用タイプ。インテリアにはブラックの防水シートが加わった。

 さらに今回の特別仕様の追加とともに、ルークスについては「ハイウェイスターGターボ」という新グレードを設定。2WDと4WD両方で選択可能となり、オプションではフロントのセパレートシートをはじめオリジナルのパーツを注文できる。

 今回発表の特別仕様車の販売価格は、セレナが312万5,100円~366万5,200円、デイズが160万0,500円~191万5,100円、ルークスが180万0,700円~213万2,900円。ルークス ハイウェイスターGターボの価格は182万3,800円~195万8,000円。

関連キーワード特別仕様車日産自動車セレナミニバン軽自動車デイズ

関連記事