三菱「アウトランダー」、新型のデザイン先行公開 2021年2月に発表へ

2020年12月11日 16:58

小

中

大

印刷

新型アウトランダーのシルエット(画像: 三菱自動車発表資料より)

新型アウトランダーのシルエット(画像: 三菱自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 三菱自動車は10日、クロスオーバーSUV「アウトランダー」をフルモデルチェンジし、2021年2月に発表するとして、デザインの一部を先行公開した。

【こちらも】三菱自、「エクリプス クロス」を改良 PHEVモデルも追加

 アウトランダーは「パジェロ」に代わり、三菱のSUV部門を支えるモデル。2005年に発売され、2012年からはプラグインハイブリッド(PHEV)版が登場している。環境に優しいSUVという、貴重なポジションを確立している1台だ。7人乗りのミドルサイズSUVとして、友人や家族などとともに幅広い目的で使えるのもメリットである。

 「ダイナミックシールド」と呼ばれるフロントデザインコンセプトや、パワフルなエンジンと4WD性能などが印象的。走行環境を選ばないスタイルで、幅広いニーズに対応したSUVである。

 三菱はアウトランダーのフルモデルチェンジについて、2021年2月にオンラインで公開予定としている。公開後はアメリカ、カナダ、プエルトリコなど世界各国に投入する。正式な発表はオンラインを予定しているが、詳細情報や専用サイトのURLは2021年初頭に明かす見通し。

 公式サイトでは、新型アウトランダーのシルエットを公開。まだ全容が完全に見えるわけではないが、シャープなヘッドライト、雄々しいボディなど、新しい特徴が伝わってくる。

 新型アウトランダーのコンセプトは「威風堂々」で、車の内側から力強さが伝わるようにデザインしているという。2021年、新しい1歩を踏み出すアウトランダーに注目したい。

関連キーワード三菱自動車アウトランダーSUVプラグインハイブリッド

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース