Mozilla、Rustベースのブラウザエンジン「Servo」をLinux Foundationに引き継ぎ

2020年11月20日 18:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

The Linux Foundationは11月17日、Mozillaが開発してきたブラウザ用レンダリングエンジンの「Servo」のプロジェクトを引き継ぐことを発表した(The Linux FoundationServo BlogMozilla HacksGIGAZINEマイナビ)。

Servoはアプリケーションと組み込み用途向けに開発されてきた高性能ブラウザエンジン。オープンソースで開発されており、Rustプログラミング言語で記述されたことで、メモリ効率が高く、パフォーマンスも良好とされる。ServoのDavid Bryant氏は、ServoプロジェクトとLinuxFoundationが連携することにより、Servoコミュニティの継続的な成長と開発への投資を促進、可用性と採用を拡大できるとしている。

Mozillaがプロジェクトを手放した理由については触れられていないが、過去記事にもあるように、Mozillaは8月には約250人もの大規模なリストラを行っており、財政的な理由からプロジェクトを手放す結果になったと見られているようだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Mozilla | IT

 関連ストーリー:
Mozilla、新型コロナによる売り上げ減を理由に約250人を解雇 2020年08月14日
Mozilla、Firefox OS関連部署をついに解散 2017年02月07日
Mozilla、次世代Webエンジン「Project Quantum」を発表 2016年10月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLinuxMozillaオープンソース

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース