日本、メキシコに0-2で敗れる サッカー国際親善試合

2020年11月18日 08:03

小

中

大

印刷

 18日(日本時間)、オーストリア・グラーツでサッカーW杯アジア2次予選の最終調整となる国際親善試合が行われ、日本がメキシコに0-2で敗れた。世界ランク11位でW杯7大会連続16強入りの強豪相手に前半は試合を優位に進めるも、後半に地力を発揮したメキシコに完敗した。日本はゴール前の精度と守備の集中力の課題が残された結果となった。

 GKにシュミット・ダニエル、4バックに酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太、ボランチに柴崎岳、遠藤航、右に伊東純也、左に原口元気、トップ下に鎌田大地、1トップに鈴木武蔵を置く。

 前半12分、日本はサイドチェンジから原口がドリブルで持ち込み、ミドルシュートを放つも、GKにファインセーブされる。さらに前半15分、日本は原口のPA左からのパスを受けた鈴木がシュートするもGKに弾かれ、このボールに反応した伊東が放ったシュートもGKに防がれる。前半は攻撃の組み立ては出来たものの、決定力を欠き無得点に終わる。

 後半開始からメンバーを2人入れ替えたメキシコの攻撃が目立ち始める。

 後半18分、メキシコはピネダからバックパスを受けたヒメネスがDFと絡み合いながらゴール前に抜け出すと、冷静につま先でゴール隅に流し込んで先制する。さらに後半23分、メキシコは中盤でボールを奪いマルティンがスルーパスを出すと、これに反応したロサノがPA右に進入しGKとの1対1を制して追加点を奪う。

 後半27分に久保建英、32分に浅野拓磨、40分に三好康児と投入を続けるも、メキシコの安定した守備を崩せずに試合が終了した。

関連キーワードメキシコサッカー原口元気浅野拓磨遠藤航久保建英鎌田大地柴崎岳鈴木武蔵

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース