レクサス初のEV「UX300e」、国内発売 2020年度は135台限定

2020年10月25日 08:50

小

中

大

印刷

LEXUS UX300e(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

LEXUS UX300e(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 床下配置(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • リチウムイオンバッテリー(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 防音材(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 普通充電ポート(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 18インチタイヤ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

 トヨタ自動車の高級ブランドであるLEXUS(レクサス)は22日、初となる電気自動車「UX300e」を発売した。2020年度の販売台数は135台で、抽選となる商談申し込みを公式Webサイトで開始した。期間は10月22日から11月4日までとなっている。当選した場合には指定のディーラーから連絡があり、商談開始となる。グレードは2種類で“version C”は580万円、“version L”は635万円。航続可能距離は367km(WLTCモード)。

【こちらも】新型レクサス・LS 2020年冬発売 (1) セルシオ1989年登場から31年 テーマは「静粛性」

■UX300eの概要

 電気自動車はエンジンも搭載していないため、前後重量配分などの最適化が可能となる。その機構を活かし、バッテリーパックなどを車両中心の床下に配置することで低重心化を図った。

 またバッテリーパックは、井桁形状のアンダーフレームの上に搭載することで、路面からの跳ね上げや衝撃を軽減することが可能となり、キャビン全体の合成も向上。乗りやすい味に仕上がった。その他、各ブレースなどを配置することでさらに剛性アップをしている。

 乗り心地を表す静粛性は、アコースティックガラスをフロントドアに採用したほか、風切りなどに配慮し、室内にも心地よい静けさをもたらした。防音材も多く配置することで静粛性にも寄与している。

 モーターは4KMを採用しており、最高出力は150kwとなり、トルクは300Nm。バッテリーは54.4kWhの容量を持つリチウムイオンバッテリーを採用している。

 電気自動車の要といわれる充電性能は、急速充電(50kW)と普通充電(3kW)に対応しており、満充電までの所要時間は急速充電が約80分、普通充電は約14時間となっている。急速充電で75%充電するには約50分かかる。

■“version C”と“version L”のグレード比較

 UX300eは2グレードが用意されており、上位グレードが“version C”、下位グレードが “version L”となっている。

 ヘッドランプは “version C”が三眼フルLED、“version L”がLEDとなっている。アルミホイールは“version C”が18インチ、 “version L”が17インチ。バックドア下に足をかざすとバックドアが自動で開くハンズフリーパワーバックドアは、“version L”が標準装備、“version L”はメーカーオプション(8万2,500円)となっている。

 インテリアのオーナメントパネルは、ヘアライン加飾とブラックメタリック加飾で、シートは本革とL texに分かれている。安全装備はLexus Safety Systemを採用しており、プリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシストなど基本的なものはすべて装着されている。

 メーカーオプションとしては、ブラインドスポットモニター、パーキングサポートブレーキなどがある。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)電気自動車

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース