PayPalが暗号資産の取り扱いを開始 発表後ビットコインは一時急騰

2020年10月23日 18:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米PayPalは21日、PayPalデジタルウォレット上で暗号資産(暗号通貨・仮想通貨)を取り扱えるようにすると発表した。PayPalアカウントから直接暗号通貨を購入したり、所持する、売却するといったことが行えるようになる。まずは米国からのスタートで、リリースでは数週間以内にサービスが利用可能になるとしている。2021年初頭から全世界で使えるようにしていく方針であるようだ(PayPalリリース)。

取り扱いできる暗号資産は、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinの4種類となる。2020年12月31日までは、法定通貨(その国で一般的に利用される通貨)への換金を含む売買に関する手数料は無料になるとしている。このサービスは仮想通貨企業であるPaxosとの提携で実現したもので、取引や管理の業務はPaxos側が受け持つとしている(TechCrunch)。

PayPal加盟店は世界中に2600万店舗が存在することから、PayPalの判断は市場に大きな影響を与えている。とくにBitcoinに関しては一時高騰しており、現時点では落ち着いているものの発表後は年初来最高値を更新した(BitcoinチャートBloombergCoinPostCoinPostその2)。またブラジルやトルコ、アルゼンチン、スーダン、アンゴラ、ベネズエラ、ザンビア、ロシアなどで過去最高値を記録したとも報じられている(Cointelegraph)。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | ニュース | お金

 関連ストーリー:
米司法省のマネロン訴訟を受けて、北朝鮮ハッカーがビットコインを逃がしはじめる 2020年09月02日
前澤友作氏に成り済まして仮想通貨を搾取する「ギブアウェイ詐欺」が6月に発生していた 2020年08月12日
LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から国内で取引開始 2020年08月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードペイパル(PayPal)仮想通貨

関連記事