ローブス&コンフェクションズ 2021年春夏コレクション、対極的な要素の狭間で

2020年10月20日 19:04

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ローブス&コンフェクションズ(robes&confections) 2021年春夏コレクションが発表された。

■テーラリングと共存する“リラクシング”なムード

 今シーズンのローブス&コンフェクションズは、ブランドの根幹をなす上質なテーラリングに、どこか力の抜けたコンフォートなムードを共存させているのが特徴。テーラリングの芯・パットを極力“省く”大胆なアプローチをとりながら、シルエットはこれまで同様、妥協のない美しさをキープ。それでいて、春夏らしい軽やかな空気と機能性も追求したユーティリティな要素が満載だ。

■軽やかな素材と共に

 ブランドでお馴染みのテーラリングアイテムは、実に様々な素材と共に提案された。

CARLO BARBERA 社による最高峰のウールシルクリネンや、パウダータッチのキュプラコットン、スペインラムレザー、天竺・ポンチのニット素材…。いずれも素材ごとに異なるテクニックを駆使したテーラリングは、その凛とした表情を崩さぬまま、着心地は実に軽やか。ショート丈ジャケットと提案された、センタープレス入りのワイドパンツは、実はウエストがゴム仕立てになっているなど、スムーズな着脱にもこだわった一着となっている。

■“既視感”のある組み合わせ

 ロングジャケットやノーカラージャケットは、アイボリーのストライプ柄レーヨンでアームを切り替えた、ハイブリットなデザインが印象的。それはまるで、ジャケットのライナーを裏返しにしたような、“見覚えのある”パターンだからこそ、端正なテーラドアイテムとも不思議とマッチする、大人の遊び心溢れる一着に仕上げている。

■スポーティーな要素も

 フォーマルなシャツをベースにしたドレススタイルは、スポーツミックススタイルで、春夏らしい爽やかなムードをプラスして。首元の後方部に位置するボタンに差し込まれたのは、スポーツウェアで使用されるテクニカルなメッシュ素材。

 また多彩なストライプ柄のドレス郡には、リフレクトコードをウエストやスカートに巡らすことで、キュッと絞った女性らしいシルエットを演出。またジャージ素材を採用したことで、思い切りイージーな着心地に仕上げた一着も存在する。

■新たなるバランス

 サロペットやオールインワンといった、ワークウェアは、肩肘はらないゆったりとしたシルエットながらも、クラシックなテーラードカットによって、確かな気品を宿している。クラシックとモダン、フォーマルとストリート。そんな対極的な要素の狭間で、絶妙なバランスを保ったアイテムによって、“新しいバランス”を感じさせるコレクションへと昇華している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードタイ(国)スペインローブス&コンフェクションズ(robes&confections)2021年春夏コレクション

関連記事

広告