ライフ RSS

 

米副大統領候補討論会の英語で学ぶ、大統領選挙の7つの争点

2020年10月19日 12:08

小

中

大

印刷

 アメリカ大統領選の候補や副大統領候補の討論会は、政治経済や社会に関する英語の表現力を強化したい英語学習者にとって格好の教材だ。

【こちらも】英語がわかるともっと楽しめる 映画『TENET テネット』を理解するのに役立つ5つの英語

 この記事では、7日(現地時間)に行われた米副大統領候補の討論会から、今年の大統領選挙を理解するのに役立つ英語表現を取り上げてみたい。現職のペンス副大統領(共和党)と、野党民主党のハリス上院議員により行われた討論会は、比較的落ち着いた雰囲気で両党の主張が展開されている。

■新型コロナウイルス: COVID-19

 今回の副大統領候補討論会、最初のテーマは新型コロナウイルス感染症対策。トランプ政権の対応は失敗だと断ずるハリス上院議員に対して、ペンス副大統領はワクチンの開発が迅速に行われている点を強調した。

【例文】We will have literally tens of millions of doses of vaccine before the end of this year. (ペンス副大統領)
【訳例】今年の終わりには文字通り何千万本ものワクチンを調達できる

 例文では、tens of millions of doses(何千万本)という表現に注目したい。100万(million)の10倍(ten)で1,000万、それが複数形になっている。Tens of thousands of dollarsという用法もある。

 ワクチン関連では、「ワクチンを接種する」という動詞vaccinateも覚えておこう。

■税: Taxes

 トランプ政権の目玉として2017年に行われた税制改革。ペンス副大統領は、民主党がトランプ政権の税制改革を撤回して増税を行うと主張。これに対してハリス上院議員は次のように反論した。

【例文】He (Biden) will not increase taxes for anyone who makes less than $400,000 a year.
【訳例】彼(バイデン)は年間所得40万ドル未満の人には増税しない

 ペンス副大統領は討論会の間、「増税する(increase taxes)」の反対の表現として、「減税する(cut taxes)」という言い回しも何回か使っている。税制改革に対する現政権の力の入れ方がわかると言えよう。

 なお増税、減税ともに「taxes」と複数形であることに注意されたい。

■雇用: Jobs

 雇用は、つねに政治経済の重要なテーマ。「雇用を生み出す(create jobs)」と「雇用が失われる(lose jobs)」の表現をペアで覚えておこう。

 今回の選挙で、製造業関連の労働者の支持を取り戻したい民主党のハリス上院議員は、次のように述べている。

【例文】Because of a so-called trade war with China. America lost 300,000 manufacturing jobs.
【訳例】中国とのいわゆる貿易戦争の結果、アメリカは30万人の製造業雇用を失った。

■医療: Healthcare

 2016年と同様に大きな争点となっている医療保険の問題に関しては、保険の適用範囲(coverage)を中心に議論が展開された。

 民主、共和両党ともに、既往症のある人たち(people with pre-existing conditions)にも広く医療保険を提供することを公約。民主党はさらに適用範囲を拡大することを強調した。

【例文】Joe Biden is saying, “Let’s expand coverage”.(ハリス上院議員)
【訳例】ジョー・バイデンは、適用範囲を広げようと主張している。

■気候変動: Climate change

 気候変動に関しては、水圧破砕法(fracking)の普及によって、アメリカの重要産業の地位を維持する石油・ガス生産業に対する政策の違いが論点となった。

【例文】They want to abolish fossil fuels and ban fracking, which would cost hundreds of thousands of american jobs all across the heartland.(ペンス副大統領)
【訳例】彼ら(民主党)は、化石燃料を廃止して水圧破砕法を禁止しようとしている。そのことで中軸地帯において何十万人ものアメリカ人の雇用が失われるであろう。

 「Heartland(中軸地帯、中核地域)」は地政学の重要な概念。ここでは「アメリカ産業の中核をなす地域」というような意味で使われている。

■連邦最高裁判所: Supreme Court of the United States

 9月に死去したルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事の後任人事は、選挙戦の終盤に差し掛かって一気に注目が集まるようになった争点。特に人工妊娠中絶に賛成の民主党と、批判的な共和党が真っ向から対立している。

【例文】We will continue to stand strong for the right to life.(ペンス副大統領)
【訳例】私たちは、断固として生存権支持の態度を維持する。

 「right to life」は生存権と訳されるが、ここでは妊娠中絶反対を意味する。これに対して妊娠中絶賛成派は「right to choose」、つまり女性が妊娠を継続するかどうか選択する権利がある、と主張している。

■人種間の公正: Racial justice

 Justiceは「正義、公正、公平、司法、裁判官」など多くの意味がある単語。上記の例では公平な取扱いを意味するものとして、「公正」と訳するのがよい。

 以下の例文は刑事司法改革(criminal justice reform)に関する民主党の政策を説明する、ハリス上院議員の発言。警官が絞め技を使うことを禁じるとしている。

【例文】Joe and I will immediately ban chokeholds and carotid holds.
【訳例】ジョーと私は迅速に絞め技と頸動脈洞圧迫を禁止します。

 banは「禁止する」という意味の動詞。ban abortion(中絶を禁止する)のように使われる。

 最後にアメリカ大統領候補の討論会を無料で視聴できるサイトは、C-SPAN(URL: https://www.c-span.org/debates/)をオススメする。同サイトでは今年の討論会ばかりでなく、1976年以降のすべての討論会が視聴可能。音声との間にズレがあるものの英語字幕もついているので、英語学習必見のサイトと言える。(記事:ベルリン・リポート・記事一覧を見る

関連キーワードアメリカ民主党ドナルド・トランプ新型コロナウイルスジョー・バイデン

関連記事

広告