パウエルFRB議長の証言内容に注目か

2020年9月22日 14:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:54JST パウエルFRB議長の証言内容に注目か
 パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は22日に下院金融委員会で証言を予定しているが、報道によると、パウエル議長は「景気回復を可能な限り強固なものとし、経済へのダメージ継続を抑えるために手段を駆使し、できる限りのことを行う」、「雇用も経済活動全体もウイルス感染拡大前の水準を大幅に下回ったままであり、今後の道筋は極めて不確実な状況が続いている」との見解を提示しているようだ。

 市場関係者の間からは「パウエルFRB議長の証言内容を受けてFRBが経済支援や景気回復のために、できる限りのことを行うことが期待された場合、米国株式は反発するが、追加緩和への思惑でドル買いは多少弱まる可能性がある」との声が聞かれている。《FA》

関連記事