NVIDIAがソフトバンクGからARMを買収と発表

2020年9月14日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

9月14日朝、ソフトバンクグループ(SBG)がArmホールディングスをNVIDIAに売却することで合意した(ソフトバンク[PDF]ソフトバンクその2[PDF]NVIDIAリリース)。

売却額は400億ドル(約4兆2446億円)。買収は現金と株式交換を組み合わせる方式で、NVIDIA側はソフトバンクに120億ドルの現金と215億ドル相当のNVIDIA株式4430万株を引き渡す。発表によれば、ソフトバンクのNVIDA株式保有⽐率は10%以下になるとしている。Bloombergによると、保有比率は6.7%から8.1%となり、最大保有時には筆頭株主になる見通しとのこと。

なお買収は英国、中国、EU、米国を含む規制当局の承認などが必要。買収完了までには約18カ月が必要とのこと。ちなみにArm本社は引き続きイギリスのケンブリッジに置かれるとしている(BloombergケータイWatch)。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
英Arm、ソフトバンクにIoTデータ部門を移管する計画を中止。IoT事業を独立へ 2020年08月27日
NVIDIAがソフトバンクグループとArm買収交渉中と報じられる 2020年08月04日
半導体開発大手Arm、一部顧客に対してライセンス料の引き上げを要求か。最大4倍ほど 2020年07月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクイギリスNVIDIA買収ARM

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース