NASA、火星探査車Perseveranceの打上げに成功

2020年8月1日 19:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAとUnited Launch Alliance(ULA)は7月30日、火星探査機「Perseverance」を載せて火星へ向かう宇宙機「Mars 2020」の打ち上げミッションをケープカナベラル空軍基地LC41で実施した(NASAのブログ記事[1][2][3]JPL Newsの記事動画)。

ULAの Atlas V 541ロケットによる打上げが行われたのは日本時間20時50分。約1時間後にMars 2020はAtlas Vロケットから分離し、さらに約27分後にはMars 2020が送信したテレメトリーデータを地上で受信することに成功し、確実に火星へ向かっていることが確認された。その後、宇宙機の一部で予期したよりも若干温度が低いことが判明し、必要最低限のシステムだけ残して電源を切るセーフモードに入っていたが、現在はセーフモードも解除されてチームは惑星間の旅に集中できるようになったとのこと。

Mars 2020は今後7か月間かけて火星へ向かい、2021年2月18日にジェゼロクレーターに着陸する予定だ。Mars 2020ミッションは火星探査初の往復ミッションであり、Perseveranceはジェゼロクレーターで探査を行いつつ岩石や塵のサンプルを収集し、最終的に地球へ持ち帰ることを目指す。

Perseveranceには火星で初の動力飛行デモを計画しているヘリコプター「Ingenuity」が搭載されているほか、さまざまな機材が搭載されている。また、5種類の宇宙服素材とヘルメットに使用するポリカーボネート素材のサンプルも送られ、スペクトロメーター「SHERLOC (Scanning Habitable Environments with Raman & Luminescence for Organics & Chemicals)」により宇宙線の影響を調査するとのこと。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | サイエンス | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
火星でヘリコプターを飛ばす瞬間が近づいている 2020年06月29日
火星探査機InSight、スコップで小型杭打ち装置を叩いて地中へ押し込むことに成功 2020年06月07日
NASA、火星ヘリコプターの名前を「Ingenuity」に決定 2020年05月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASAロケット火星

関連記事

広告

財経アクセスランキング