Windows 10 Insider Preview 20H2ビルド、スタートメニューのタイル色変更など多数の新機能

2020年7月27日 17:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Microsoftは24日、Windows 10 Insider Preview ビルド19042.421 (20H2)をベータチャネルに提供開始した(Windows Experience Blogの記事)。

本ビルドではスタートメニューのタイルが配色テーマに合わせた色に変わり、コントロールパネルの「システム」の代わりに設定アプリの「システム→詳細情報」が表示される。また、Microsoft Edge Canary/Devを使用している場合はALT+TABキーを押すとアプリだけでなくタブも切り替えられるようになり、タスクバーにピン留めしたWebサイトが既に開いていればそのタブに切り替わるなど、多数の新機能が追加されている。

これらの新機能は7月に入ってDevチャネルのビルド20161およびビルド20175で提供されていたものだが、DevチャネルではA/Bテストが行われているため新機能を利用できないままのユーザーもいる。なお、Devチャネルではビルド20161までのビルドが7月31日に期限切れになるとのことで、早めにビルド20170以降へ更新することが推奨される。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | グラフィック | インターネット | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Windows 10 Build 20150、WSL上でCUDAが利用可能に 2020年06月26日
Windows 10のオプションの更新プログラム、7月に提供再開 2020年06月21日
Windows 10 Insider Preview、初の20H2ビルドが登場 2020年06月20日
Windows 10 Insider Preview、DNS over HTTPSがテスト可能に 2020年05月16日
Windows 10のメモ帳、再びMicrosoft Storeで入手可能に 2020年04月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft Edge

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース