「鳥物語トリストーリー展」静岡で、“世界一小さいあひる”など鳥の写真&ハンドメイドグッズが集結

2020年7月10日 18:08

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 鳥の合同写真展&物販展「鳥物語トリストーリー展 2020 in 静岡」が、2020年8月7日(金)から8月23日(日)まで、静岡パルコ 4階特設会場にて開催される。

■様々な鳥の“一瞬の美しさ”を撮った写真展&ハンドメイドグッズ物販展

 「鳥物語トリストーリー展」は、スズメやカラスといった一般的な野鳥から、ペットとして飼われているインコやヨウム、山奥へ行かないと絶対に見ることの出来ない幻の鳥など、多彩な鳥たちの「一瞬の美しさ」をテーマにした写真作品を展示する展覧会。同時に、物販ではハンドメイドの鳥グッズが集結する。写真とグッズ、両方を通して鳥の愛らしさや魅力を感じられる合同展だ。

■“世界一小さいあひる”やインコの写真が集結

 写真展には、ライラック色のセキセイインコを撮影するakipoohや、まるまるした小鳥「マメルリハ」達の日常を写すSAORI、tokyoshiori、といったSNSで人気のクリエイターの作品が集結。躍動感のあるカラフルな鳥や表情豊かな鳥など、様々な瞬間を切り取った写真を一度に楽しめる。今回初出展となるyukiは、世界一小さいあひる“コールダック”の作品群を展示。見ているだけで癒されるチャーミングな表情に注目だ。

■文鳥モチーフの雑貨など鳥グッズ

 物販展では、初出展となる「楓工房」が文鳥モチーフの雑貨を展開するほか、いたずらオウムの生活雑記が話題の「ろう」が初登場。また、雪の妖精といわれるシマエナガのグッズが人気の「ぴよ手帖」やもっちりぽってりな鳥のブローチやシールなどを扱う「OmuPasta」、「もこぺん」のペンギングッズも新作が勢揃いする。

【詳細】
鳥の合同写真展&物販展「鳥物語トリストーリー展 2020 in 静岡」
開催日時:2020年8月7日(金)~8月23日(日) 10:00~20:00
※営業時間は館側に準ずる
休館日:なし
会場:静岡パルコ 4階特設会場
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町6-7
入場料:500円(特典ポストカード付き)/3歳以下無料
出展者:全24組

■グッズ例

<楓工房>
・お薬手帳『文調剤薬局』 700円+税
・画集『四季彩文鳥』 1,250円+税
<OmuPasta>
・ブローチ 1,200円+税
・フレークシール 400円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース