独自設計CPU搭載のMac mini、ベンチマークスコアが流出

2020年7月3日 17:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 新型MacにはこれまでのIntel系ではなく、独自開発のARM系プロセッサが搭載されることはすで発表済み(過去記事)。現在、開発者向けに第3世代iPad Proとほぼ同じA12Zプロセッサを搭載したMac miniが有償で貸し出し中だそうだ。

開発機のスペックはITmediaの記事によれば、Apple A12Z Bionic、メモリ16GB、512GB SSD、USB-C x2(USB3.2 Gen2)、USB-A x2、HDMI 2.0、802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 5.0、Gigabit Ethernet。

この開発用Mac miniを使ったベンチマークテストが各所で流出している模様。性能比較にはGeekbench 5 for Mac (Intel) で計測したCPUベンチマーク結果が使われている。開発者用のPCに入っているRosetta 2のベータ版を使って仮想的にGeekbenchを走らせているという。

結果としてはシングルコアでのスコアは平均で800~850ほど、マルチコアでのスコアは3000弱が並んでいる。iPad Pro 11-inchのiPadOSネイティブ版であるGeekbench 5 for iOSと性能を比較するとCPUのシングルスコアで25%、マルチスコアで37%ほど低い成績となっているそうだ。開発版に付属するRosetta 2は初期ベータ段階であることから本来の実力はまだ出し切れていない模様。一方でネイティブGPUに関しては、Pad Pro 11-inchに近いベンチマーク結果に近い性能が出ている(ITmediaGIGAZINE)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | ハードウェア | アップル

 関連ストーリー:
AppleがIntel製CPUの採用をやめた理由は? 2020年06月30日
Apple、Macのプロセッサーを2年間で同社製に移行する計画 2020年06月23日
Apple、MacのCPUを自社開発のARM系プロセッサに移行する計画をWWDC2020で発表か 2020年06月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleBluetoothiPadMaciPad ProIntelARM

関連記事

広告