Apple、Safariへ一部Web API実装を拒否 個人が特定できるとして

2020年7月2日 08:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Appleがプライバシー保護に問題があるとして、Safariへ一部のWeb APIを実装することを拒否しているという。拒否しているのは次のとおり(GIGAZINEZDNet)。

Web Bluetooth
Web MIDI API
Magnetometer API
Web NFC
Navigator API: deviceMemory
NetworkInformation API
Battery Status API
Web Bluetooth Scanning
AmbientLightSensor API
EME Extension: HDCP Policy Check
Proximity API
WebHID API
Serial API
WebUSB
Idle Detection

AppleはこれらのAPIによって、オンライン広告主とデータ分析会社がユーザーや端末を識別して行動をトレースできるようになると主張している。すでにSafariに実装されているAPIに関しても、独自に対策を取ってあるとしている。

なおこれらのAPIのほとんどは、Chromiumベースのブラウザーでのみ実装され、Mozillaのプラットフォームではほとんど実装されていないとのこと。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 通信 | YRO | インターネット | プライバシ

 関連ストーリー:
Zerodium、iOSのエクスプロイトが多すぎて買取を一時停止 2020年05月17日
Microsoft EdgeのシェアがFirefoxを上回る 2020年04月04日
Safari、すべてのサードパーティCookieをブロックへ 2020年03月25日
Safari、SSLサーバー証明書の有効期限を最大13か月間に短縮へ 2020年02月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleBluetoothMozillaSafariChromiumNFC

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース