共通ポイントの運営会社、規約で競合への加盟を妨害 公取委が指摘

2020年6月17日 17:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 公正取引委員会が12日、「Tポイント」といった共通ポイントに関する調査報告書を発表した。それによると共通ポイントの運営会社が、店舗の囲い込みのためにほかのサービスとの契約を妨害する事例が出ているという。

公取委は昨年3月から共通ポイント4社と加盟店456社、消費者1万人に対して調査を実施した。加盟店を対象とした調査では、店舗が導入している共通ポイントが一種類だとする回答が82%だった。一種類である理由としては、手数料や機材のレンタル費用以外に「契約上、他のポイントを導入できない」とする回答が9%あったとしている。これは他の共通ポイントを使用する場合、運営会社から事前に承諾を得なければならない「事前承諾条項」があるためだという。

なお、報告書では調査した共通ポイント4社の名前は明記されていないものの、読売の記事では「dポイント」「Ponta」「Tポイント」「楽天ポイント」であろうと記載している(公正取引委員会報告書[PDF]日経新聞読売新聞SankeiBiz)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 政府

 関連ストーリー:
ヤフー、8月から「期間固定Tポイント」をPayPayに変更すると発表 2019年06月04日
ファミリーマート、Tポイント・ジャパンの全株式を売却で合意 2019年04月17日
Android版Ponta公式アプリ、ポイントが利用できない不具合が継続中 2017年03月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード楽天公正取引委員会PontaTポイント

関連記事