ホーム > ニュース一覧 > 経済 > 経済一般 > 公正取引委員会(1)

公正取引委員会のニュース

消費者庁、 タイガー魔法瓶に措置命令 “こぼれないケトル”CMは不当な宣伝

タイガー魔法瓶の電気ケトル「PCK-A080」のコマーシャルで、商品が倒れてもお湯がこぼれないとした内容は不当な宣伝だったとして、消費者庁は8月31日、同社に措置命令を命じた。
09/06 17:20

ソフトバンク、1Qの売上高は前年比約16%増収 LINEの子会社化完了や端末の販売台数回復が寄与

宮川潤一氏(以下、宮川):あらためまして、社長の宮川でございます。
08/21 20:43

相場展望8月5日 米国株は高値圏、日本株は下落と相反する要因 米国はカネ余り、日本は日銀の資金供給停止

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)8/2、NYダウ▲97ドル安、34,838ドル(日経新聞) ・欧州株高を受けて買い先行したが、米長期金利が低下すると景気減速の懸念が強まり、景気敏感株を中心に売りが広がった。
08/05 08:26

PayPay、決済システム利用料の徴収 10月1日から開始へ

PayPayから決済システム利用料を10月1日から有料化を行うことを告知する「PayPay決済システム利用料の有料化について」という案内メールが届いているようだ。
04/08 17:44

銀行間の送金手数料、数十年ぶりに値下げへ 10月から引き下げを予定

銀行間での取引時に発生していた送金手数料が値下げされる方向で固まったそうだ。
03/05 08:33

公正取引委員会によるコンビニ包囲網作り、着々と進む

公正取引委員会(公取委)が1月29日にまとめた、コンビニなどのFC(フランチャイズ・チェーン)に対する指針の改定案は、加盟店が24時間営業の見直しを求める協議に応じなければ、”独占禁止法”に違反する恐れがある等の文言が盛り込まれた。
02/05 15:11

コンビニ3社が公取委に回答、「タテマエ」だらけの内容に「独禁法」の出番はあるか? (1)

コンビニの大手3社は11月30日、フランチャイズチェーン(FC)加盟店との取引で改善すべきとの指摘を受けていた5つの項目について、公正取引委員会(公取委)への回答内容を公表した。
12/03 18:21

コンビニの経営に公取委が警鐘! 本部は独占禁止法の適用を回避できるのか? (3)

公正取引委員会がコンビニの経営者を集めて、「取引環境の改善」を強く求めたのは9月1日だ。
10/11 21:23

コンビニの経営に公取委が警鐘! 本部は独占禁止法の適用を回避できるのか? (1)

本部と加盟店が協力して売上の増加と利益の拡大を図るところに、フランチャイズの本質がある。
09/26 18:14

「優越的地位の乱用」巡り、公取委がコンビニ各社のFC本部に報告を「要請」

19年2月に、東大阪市のセブンイレブン南上小阪店を経営するオーナーの松本実敏さんが、「24時間はもう限界」と声を上げて俄かに注目を集めていたコンビニの営業時間問題に、公正取引委員会がようやく重い腰を上げた。
09/04 18:09

全銀システムをフィンテック業者へ開放 地銀の経営難に拍車かかるか

銀行間送金を運営する全国銀行協会(全銀協)が、5日に全国銀行データ通信システムをフィンテック業者などへ開放する方針を発表した。
08/06 17:06

共通ポイントの運営会社、規約で競合への加盟を妨害 公取委が指摘

公正取引委員会が12日、「Tポイント」といった共通ポイントに関する調査報告書を発表した。
06/17 17:53

銀行間の送金時に必要な手数料、公正取引委員会が引き下げ要求へ

公正取引委員会が、銀行間の送金手数料を引き下げるよう求めるという。
04/14 20:09

公正取引委員会、飲食店ポータルサイトに関する取引実態調査結果を発表

昨年、公正取引委員会が「食べログ」や「ぐるなび」などに対し飲食店に不当な条件を押しつけていないか調査を行うとしていたが(過去記事)、3月18日にこの調査結果となる「飲食店ポータルサイトに関する取引実態調査について」が発表された。
03/20 08:15

楽天、送料無料化の一律導入を撤回

楽天が一定額以上の注文で送料を無料にする「共通の送料込みライン」の一律導入を中止し、対応できる店舗から順次実施することにしたそうだ。
03/06 22:59

楽天の送料無料化問題 公取委が緊急停止命令を申し立て

公正取引委員会は2月28日、独占禁止法の規定に基づき楽天に対し緊急停止命令を出すよう、東京地方裁判所へ申し立てたと公表。
03/01 07:31

インターネット通販、格差拡大 外資大手モールが圧倒的な牽引力

日本のネット通販の大手、楽天の三木谷社長が送料無料化の方針を固め、これに対して公正取引委員会が独禁法違反の疑いがあると指摘するも方針を変えず、公取が楽天に立ち入り検査を行うという事態にまで発展した。
02/25 08:30

銀行の常識は社会の非常識! (5) 銀行の振込手数料が変わるか?

公正取引委員会が銀行の振込手数料に、大きな疑問を持っているようだ。
02/22 10:36

楽天が打ち出した「送料無料」、「送料込み」に変更して公取委は納得するのか?

楽天の三木谷浩史会長兼社長が、自社の通販サイトである「楽天市場」で、3980円以上の商品を購入した顧客の配送料を無料にする(一部地域は除く)と、19年8月1日に表明した。
02/20 12:03

楽天、8年ぶりに最終赤字 19年12月期 送料無料化は予定通り実施

楽天は13日、2019年12月期連結決算を発表、国内ECの流通総額やカード会員の拡大により売上高は前期比14.7%増の1兆2,639億円となるも、連結営業利益は同57.3%減の727億円となり、純損益は318億円の損失と、8年ぶりの赤字決算となった。
02/14 08:14

送料無料化をめぐり揺れる楽天、公取委が立ち入り検査

楽天がオンライン市場の送料無料化をめぐって出店者側と対立し、揺れている。
02/12 17:57

公取委、楽天に対し独禁法違反の疑いで立ち入り検査

楽天のネット通販サイト「楽天市場」において、楽天が出店者に対し自らの地位が優位にあることを利用して一方的に規約を変更するなど不当な要求をした疑いがあるとして、公正取引委員会が楽天に対する立ち入り検査を実施した。
02/11 09:46

楽天の送料無料化、店舗有志連合が公正取引委員会に調査要請

2019年8月に楽天が「楽天市場で3980円以上の買い物をすると送料無料」を発表し(過去記事)、それについて公正取引委員会が独占禁止法の「優越的地位の濫用」に当たる可能性があると指摘していたが(過去記事)、三木谷社長は予告通り実施する意向を示したため、とうとう送料の強制無料化に反対する一部出店店舗で組織した任意団体「楽天ユニオン」が公正取引委員会に調査を要請した。
01/24 08:51

 1 2 3  次へ進む