ライフ RSS

 

肉を食べない人は食べる人と比べ精神的な疾患を抱えやすいという調査結果

2020年6月2日 19:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 菜食主義のため肉を食べない人は、肉を食べる人と比較して鬱になりやすい、という研究結果が発表された(GIGAZINETelegraphCritical Reviews in Food Science and Nutrition誌掲載論文)。

 この研究は、1997年から2019年にかけて発表された18の研究データを元にまとめられたもの。調査対象となったのはヨーロッパやアジア、北アメリカ、オセアニア在住の「肉を食べる人」14万9,559人と「肉を食べない人」8584人。一般的に「菜食主義者」という分類は曖昧なところがあるが、この研究では「肉を食べない人」と「肉を食べる人」で比較を行なっている。その結果、肉を食べない人は食べる人と比較して鬱や不安、自傷などの傾向が高いことがわかったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ビジネス | ニュース | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
オーストラリアの裁判所、1歳の子供に完全菜食主義を強いて栄養失調にさせた親に有罪判決 2019年08月27日
菜食主義者、フランスで肉屋を襲う 2018年07月11日
「ベジタリアンの食事は環境には有害」という研究結果が発表される 2015年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告