富士通ゼネラル、「身に着けるエアコン」を製品化

2020年5月28日 18:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 富士通ゼネラルが「ウェアラブル」な冷却装置を開発していることは過去に話題となったが、6月よりこのデバイスの提供が開始されるとのこと。商品名は「Cómodo gear」(コモドギア)で、企業向けにレンタルでの提供を想定している(家電Watchニュースリリース)。

 このデバイスは、首にかけるように装着する冷却部と、腰に装着するラジエータおよびバッテリーから構成されている。冷却部で頚動脈を流れる血液を冷却し、それによって体を冷やすことができるという。冷却部とラジエータはチューブで接続されており、冷却部が吸った熱は流体の冷却材を介してラジエータで放熱される仕組み。また、搭載したセンサーによって周辺環境や利用者の情報を収集する機能も備えるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
富士通ゼネラル、水冷式の「ウェアラブルエアコン」を発表 2018年10月17日
ソニー、ペルチェ素子を使ったウェアラブル温度調整デバイスを発表 2019年07月24日
HP、耳をアクティブに冷却するゲーミングヘッドセットを発表 2018年06月02日
MITが人間用ヒートシンク型デバイスを開発。しかしタダの冷却装置ではない 2013年11月05日
ドクター・中松、「重さ4.6g、消費電力4W、胸に入れるだけでOK」という冷却装置を開発 2011年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士通ウェアラブル端末

広告

財経アクセスランキング