マーベラス、Tencentと資本業務提携

2020年5月26日 18:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ゲームやアニメ、舞台、音楽出版などを手がけるマーベラスが、中国・Tencent(騰訊)と資本業務提携を行うことを発表した(発表PDF)。これによりTencentはマーベラスの株式を取得し、議決権の20%を持つことになるという(AUTOMATONGAME Watch)。

 SCADA曰く、

 マーベラスも中国資本になっちまったか。コロナでアニメの新作も厳しいし、ゲームや舞台はさらに厳しいもんなぁ。中国資本でも、見て面白いアニメが作れることを示して欲しいなぁ。 なお、提携後もマーベラスは独立性・自主性を保つとしている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ゲーム | お金

 関連ストーリー:
2016年のスマホアプリ収益トップは中国のTencent、日本トップはmixi 2017年03月09日
スマホアプリ世界トップパブリッシャーランキング、トップ3はTencent、NetEase、Activision Blizzard 2020年03月26日
Tencent、中国向けゲーム全タイトルで実名登録と未成年へのプレイ時間制限を課す方針 2018年11月08日
中国、シリコンバレーでの影響力を強める 2018年10月12日
世界トップのゲーム企業である中国・騰訊(Tencent)、ゲーム配信プラットフォームを開始へ 2017年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

関連記事

広告

財経アクセスランキング