NITE、新型コロナの消毒効果ある界面活性剤やそれらが含まれる製品リスト公開

2020年5月25日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 独立行政法人製品評価技術基盤機構が、新型コロナウイルス対策に有効な界面活性剤の評価結果を発表したITmedia)。

 この検証試験は経済産業省の要請を受けて行われたもので、その結果下記の5種類の界面活性剤が新型コロナウイルスの消毒に有用であることが確認できたとのこと。

 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)アルキルグリコシド(0.1%以上)アルキルアミンオキシド(0.05%以上)塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上) これらの成分は一般に販売されている洗剤などで多く使われており、これらを含む製品例リスト(PDF)も公開されている。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
路上の消毒剤散布は新型コロナ対策としては無意味との指摘 2020年05月20日
米国で殺菌剤に関連する健康被害が相次ぐ 2020年04月23日
新型コロナウイルスの消毒効果が期待できる一般に市販されている製品を報告、北里大学 2020年04月21日
厚労省、やむをえない場合に医療機関で酒類を消毒液として使用することを認める通達を出す 2020年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード経済産業省新型コロナウイルス

広告