山形県で「冷やしマスク」登場、飲料用自動販売機で販売

2020年5月7日 17:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 山形県のニット製品製造業者が、飲料の自動販売機を使って布製マスクを販売する試みを行っている(朝日新聞山形新聞)。

 販売されているのは綿で作られたいわゆる布マスクで、この自販機は山形市と山辺町に設置されているという。飲料の自販機を利用しているために冷えた状態で販売されているとのことで、最近では「冷やしマスク」としてPRしているという。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | ニュース | 変なモノ | idle

 関連ストーリー:
手作りマスク用の素材、フィルター効率が高いのは? 2020年04月29日
シャープ、マスクの販売を抽選方式に変更 2020年04月25日
Wikipediaで「アベノマスク」という項目を作るかどうかが議論に 2020年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード山形県