ベトナム政府、新型コロナ対策のため中国政府機関にサイバー攻撃か

2020年4月28日 08:06

印刷

記事提供元:スラド

 ベトナム政府がコロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)対策のため、中国政府機関へのサイバー攻撃を試みていたという話が出ている(QUARTZRegisterNew York Times)。

 セキュリティ企業FireEyeがブログで公表した調査結果によると、ベトナム政府とつながりのある「APT32」というハッカー集団が、中国政府の緊急危機管理機関に対しフィッシングメールを送信していたという。このフィッシングメールのタイトルは中国語で書かれており、明確に中国内の組織・人物をターゲットにしていたそうだ。

 攻撃が最初に確認されたのは1月6日で、このメールを開くとその旨が送信者に通知されるようなコードが含まれており、その後このメールを開いた人物をターゲットにマルウェアが送信されていたという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | 中国

 関連ストーリー:
北朝鮮のサイバー攻撃部隊、ターゲットを拡大中 2018年02月27日
北朝鮮は金融機関をサイバー攻撃して核開発資金を得ている? 2017年04月08日
東南アジアや米国を狙うハッカーグループ「APT30」の存在が明らかに 2015年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国マルウェアセキュリティベトナムフィッシングハッカーサイバー攻撃

関連記事